カント 純粋理性批判 シリーズ世界の思想 (角川選書)

  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (776ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047036376

作品紹介・あらすじ

刊行から二百余年、今なお多くの人を惹きつけ、そして挫折させてきた『純粋理性批判』。その晦渋な文章に込められた意味を、一文一文抜粋し丁寧に解きほぐす、入門書の決定版。日本カント協会会長による渾身の一冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 系・院推薦図書 総合教育院
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 134.2||MI
    【OPACへのリンク】
    https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/volume/450585

  • 『純粋理性批判』の内容を解説している本です。

    著者はすでに『カント哲学の核心―『プロレゴーメナ』から読み解く』(2018年、NHKブックス)を刊行しており、そこでカントの理論哲学を概観していますが、本書はカントの主著である『純粋理性批判』を、その構成にしたがって詳細に読み解いています。「ですます」調で書かれていますが、700ページを超える大著であり、また著者自身が「〈カント哲学ってこうだよね〉とか、もっとひどい場合には〈カント的にはこうだよね〉という決めつけをするのでなく、つまり、目の前の引用文を離れて解説するのでなく、あくまで引用文に即した解説を試みました」と語っているように、『純粋理性批判』を自分自身で読もうとする読者にとっての手引きとなるような解説書だと感じました。その意味では、カント理論哲学の解説書として定評のある高峯一愚の『カント純粋理性批判入門』(1979年、論創社)と似た内容の本だといえるように思います。

    ただ、こうした本書の性格を把握していない読者にとっては、議論の先行きが見通しづらく、難解に感じられるのではないかと危惧します。たとえば、カテゴリーの演繹について解説しているところで、著者は客観的統一を「目がける」という表現を用いていますが、カント自身の文章から離れてしまうことをきらってなのか、その説明がじゅうぶんになされているとはいいがたいように感じます。こうしたところでは、思いきって著者自身のことばに翻案して説明を試みてもよかったのではないかという気がします。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。早稲田大学文学学術院教授。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。日本カント協会会長。著書に『自分で考える勇気――カント哲学入門』(岩波ジュニア新書)、『カント哲学の核心――『プロレゴーメナ』から読み解く』(NHKブックス)。共著に『グローバル化時代の人権のために――哲学的考察』(上智大学出版)など。

「2020年 『カント 純粋理性批判 シリーズ世界の思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

御子柴善之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
戸田山 和久
マルクス・ガブリ...
鈴木哲也
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

カント 純粋理性批判 シリーズ世界の思想 (角川選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×