科学化する仏教 瞑想と心身の近現代 (角川選書)

著者 :
  • KADOKAWA
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047036741

作品紹介・あらすじ

近現代の仏教は、つねに最先端の科学と接点をもち、自らの可能性を問い直し続けてきた。宗教体験の心理学、禅や祈祷の科学的解明、さらには催眠術、念写、透視の研究まで。ときに対立し、ときに補い合う仏教と科学の歴史から、日本近代のいかなる姿が浮かび上がるのか。ニューサイエンス、オウム真理教事件、そしてマインドフルネスの世界的流行へ――。対立と共存のダイナミズムに貫かれた百年史を、気鋭の近代仏教研究者が描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中沢はオーム神理教を称賛した過去も。

  • 仏教と科学が時代の中でどのように近づいたりすれ違ってきたのか。

    俯瞰的にとらえた内容なので読んでいても書かれている内容が偏ってこないのでとてもわかりやすい。

    催眠術や加持祈祷、超能力開発やマインドフルネス等、私にとって興味のある部分を余すところなくカバーしておりとても面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。専門は宗教学・近代仏教。武蔵野大学准教授。著書に『近代仏教のなかの真宗―近角常観と求道者たち―』(法藏館)、『入門 近代仏教思想』(ちくま新書)、『仏像と日本人』(中公新書)、『科学化する仏教―瞑想と心身の近現代―』(角川叢書)がある。

「2021年 『神智学と仏教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

碧海寿広の作品

ツイートする
×