少年法は誰の味方か (角川oneテーマ21 (C-5))

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047040076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 断定的な論調に違和感を抱く時もありましたが、少年犯罪の大まかな状況が分かります。女子の犯罪の大半は薬物とか初めて知りました。

  • 著者は検事としての職務経験を持つ国会議員。少年犯罪の厳罰化が主張の中心ですが、被害者の心理とかそれによって維持される社会秩序とかいった観点から、手続面での弾力化、多様化という面が強調されています。賛否はともかくとしても、検察としての実務経験があるので、説得力があります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

和歌山県生まれ。翻訳家、ライター。『つながりを取りもどす時代へ』(大月出版)の翻訳チームに参加。共訳書に『カーボンフリーエネルギー事典』(ガイアブックス)がある。

「2013年 『先端 ゼロエネルギー建築』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木知子の作品

少年法は誰の味方か (角川oneテーマ21 (C-5))を本棚に登録しているひと

ツイートする