父性の誕生 (角川oneテーマ21 (A-1))

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047040137

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父性について書かれた本だけど、鈴木光司さんの新書はとても面白いので読んでみた。前半やや読みづらい感もあったけど家族のことや日本人の特性など色々なるほどね〜と頷ける内容がたくさんあって価値のある一冊でした。

  • [ 内容 ]
    作家修行と子育てから日本は母性一色に染まっていると実感。
    この社会こそ過去からの甘えた日本人気質を育んだと――。
    未来は明るいと唱える鈴木光司がこの閉塞社会から脱却するヒント、゛父性゛について考える。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

千葉中央メディカルセンター勤務。認定理学療法士(代謝)、呼吸療法認定士、糖尿病療養指導士、住環境福祉コーディネーター2級。

「2018年 『リハビリのプロがすすめる 健康寿命を延ばす1000冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木光司の作品

ツイートする