プロ野球場外乱闘! (角川oneテーマ21)

著者 : 駒田徳広
  • 角川書店 (2001年7月発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047040434

プロ野球場外乱闘! (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルの割に、内容はさほど激しくない。
    本当に知りたいところは個人名を避けて書いてあるし、なにか書いても「結局は僕が悪い」で終わっちゃう。
    そりゃそうだ。
    暴露本みたくなったら、今後の人生生きづらいもんなあ。
    当たり前のことだし、それを否定するつもりはないが。

    駒田は、93年の巨人時代に中畑打撃コーチと衝突したことがあった。
    中畑の個人名は出していないが、「これ、絶対中畑のことだろ!」と思わせる記述はあった。
    そういう読み方をしつつ、中畑監督の2012年を占うのも、野球本の楽しみの1つである。

  • [ 内容 ]
    巨人→横浜FAの“満塁男”の著者が、日本プロ野球の問題点をめった切り!
    2000本安打、職場放棄、引退、そして家族に至るまで、すべての沈黙を破る。

    [ 目次 ]
    第1章 プロ野球サバイバル術(組織の中で生き残るには;黙っていれば年俸はアップする ほか)
    第2章 プロ野球ここがおかしい!(こんな監督、コーチが選手をダメにする;首脳陣は評論家になるな ほか)
    第3章 ひとりぼっちのプロ野球(満塁男の憂鬱と苦悩;脇役の生きがい ほか)
    第4章 指揮官の「器」について(負けているときにこそ指揮官の器が分かる;引き際に美学を感じさせた監督)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

駒田徳広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする