飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)

著者 : 響堂新
  • 角川書店 (2001年9月発売)
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047040496

飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 住血吸虫症が怖すぎる。海外旅行は気をつけないといけないな。知らなかったでは済まされない。

  • いろいろな病気の概要が分かります。海外旅行をする前にはつけておきたい知識です、と、海外旅行を果たして人生ですることがあるのか分からない男が言ってみる。

  • もう少し具体的な症例(?)があると読みやすかったかも。でも、それだと新書一冊ではまとめきれない文章量になっちゃいますね。
    「知らなかったから仕方ない」では済まされない現実。巻末の参考文献も要チェック。

  • ちょっと前に出た本なんだけど手指の消毒の仕方とか 参考になりました石けんは細菌に効くけどウイルスにはアルコールだとかね 

全4件中 1 - 4件を表示

響堂新の作品

飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)はこんな本です

飛行機に乗ってくる病原体―空港検疫官の見た感染症の現実 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする