漢字って、もともと、そういう意味だったのか―漢字のルーツを探る (角川oneテーマ21)

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 志田唯史
  • 角川書店 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047040519

漢字って、もともと、そういう意味だったのか―漢字のルーツを探る (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漢字のルーツを探る。

    漢字の意味や成り立つを知ることで
    話す時のネタにもなる。
    人前で話す仕事の方はこういった知識が
    あった方がいいですね。

  • 漢字の元の意味について、驚きの内容があれこれ。
    目から鱗が落ちます。

  • その漢字がどのような意味をもともと持っていたのか、いろいろな説があるが、その説に至る過程が事件を推理するみたいで面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

漢字って、もともと、そういう意味だったのか―漢字のルーツを探る (角川oneテーマ21)のその他の作品

志田唯史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

漢字って、もともと、そういう意味だったのか―漢字のルーツを探る (角川oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする