勝負師の妻―囲碁棋士・藤沢秀行との五十年 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店
3.29
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047041233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藤沢秀行(2009.5逝去)夫人藤沢モトさんの「勝負師の妻」(囲碁棋士・藤沢秀行との五十年)、2003.2発行です。エピソードには事欠かない棋士ですね(^-^) 酔っぱらってた秀行さんを警察署に連れてきたお巡りさんは、あとで署長からこっぴどく叱られたとか・・・。「お前、この酔っ払いを誰だか知らないのか。いったい、何年ここに勤めてるんだ。署になんか連れてくるな!」と。本を読む限りでは「奥様、お疲れ様です」と申し上げたいですがw、なにぶん夫婦の仲は、他人には決してわかるものではないですね(^-^)

  • 2015年11月24日読了。

  • 夫の藤原秀行の「野垂れ死に」には描かれていない「江古田の人』(愛人)の批判が俗な興味だけれど面白い。どうやってああいうむちゃくちゃな旦那で生計を立てたのかもわかる。

  • 「野垂れ死に」と合わせて読むといいです。

  • 稀代の碁打ち、秀行先生の奥さんの本。
    市井の人の昭和史といった趣。
    といっても、借金取りに追われたり、秀行先生の愛人とのいざござがあったりと、十分波乱万丈で、面白いです。

    以前秀行先生が将棋の米長さんとの対談の中で、ご自身のち○ち○を奥さんに噛み切られた話をしてましたが、この本の中で奥さんは、きっちり否定しています。でも、そんなエピソードも、あっても不思議はないなと感じさせる、奥さんの、人間としての強さが詰まった本です。

全6件中 1 - 6件を表示

勝負師の妻―囲碁棋士・藤沢秀行との五十年 (角川oneテーマ21)のその他の作品

藤沢モトの作品

ツイートする