ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー (角川oneテーマ21)

  • 角川書店
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047041295

作品紹介・あらすじ

民主化を拒む軍事政権、人権抑圧、経済疲弊の現状を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010.10.24

    ゼミ課題。
    飛ばし読み。
    スーチーさんに好意的。
    比較して読むと面白い。

  • アウンサンスーチーという生き方、という章に共感。
    すべての恐怖に立ち向かうこと、が国を変えるんだと思う。
    無知は罪だと思った。

  • ミャンマーのことを考え始めるのによい本です。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

フリージャーナリスト。大阪外国語大学ビルマ語学科卒業後、NHK国際放送局で国際放送ビルマ語ラジオ番組の制作を担当した。シュエバ(ビルマ名)として在日ビルマ人の活動に加わっている。主な著書に『ビルマ民主化運動1988』(梨の木舎、1989年)、『ビルマ 「発展」のなかの人びと』(岩波書店、1996年)、『負けるな! 在日ビルマ人』(梨の木舎、2008年)など。

田辺寿夫の作品

ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー (角川oneテーマ21)に関連するまとめ

ツイートする