一分間に二〇〇語の英文を読めますか?―リーディングで鍛えるリスニング (角川oneテーマ21)

制作 : David A. Thayne 
  • 角川書店
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047041806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むことができるスピードが聞くことができるスピードだそうだ。 
    普通の会話がだいたい1分間に200語前後らしい。 そのため、[英語 → 日本語] の思考プロセスがなくならない限り、1分間に200語で読めるようにはならない。

    1分間に200語というのは、試してみると、かなり速く感じる。 一般のネイティブの読書スピードより、少し遅いぐらいなので、実際には、非ネイティブにとってはかなり厳しい。

    練習用の英文もたくさんあり、スラッシュリーディングやスキミングなど速く読むためのテクニックが身に付けられるようになっている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

アメリカ出身。日米会話学院、バベル翻訳外語学院などでの豊富な教授経験を活かし、数多くの英会話関係書籍を執筆。英語を中心テーマとして様々な企画を実現するA to Z Englishを主宰。書籍・雑誌の執筆・翻訳からWWWコンテンツ制作まで、マルチに活躍中。
窪嶋優子:A to Z Englishにて語学書の翻訳・執筆に携わる。

「2018年 『CD BOOK たったの3語で英会話!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ディビッド・セインの作品

ツイートする