最強トヨタの自己変革―新型車「マークX」プロジェクト (角川oneテーマ21)

著者 : 福田俊之
  • 角川書店 (2004年11月発売)
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
  • 31人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047041844

最強トヨタの自己変革―新型車「マークX」プロジェクト (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知ってる人がわんさか。

  • 書かれた時と読んだ時で自動車業界の環境が変わっているためいまいちピンとこない点があった

  • トヨタ自動車は、プリウスと、レクサスに広告費を投じているため、マークXのすごさが全く伝わってきません。
    本書を読んでも、CCC21(construction of cost competiveness)は詳細に述べられていないように感じました。
    車の中身の話が多く、利用者にとっては、いま一歩な内容に感じられました。

    何がすごいのか、どこがすごいのか、なぜすごいのかが分かりませんでした。
    マークXの売り上げが好調だったら、もっとすごかったのかもしれません。

  • 純益1兆円、トヨタを支えてきたモノづくりの精神とは何か。

全4件中 1 - 4件を表示

福田俊之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ルイス・V・ガー...
伊集院 静
有効な右矢印 無効な右矢印

最強トヨタの自己変革―新型車「マークX」プロジェクト (角川oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする