上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店
3.55
  • (51)
  • (99)
  • (142)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 844
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047041943

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆きっかけ
    最近、4歳娘に「ねぇー、ねぇー、おかぁさーん」と言われるだけで苛立ちを感じてしまうテンションの時がある。深呼吸、深呼吸…と落ち着こうとするものの、どうしようもなく抑えられなくて、低い声で「ごめんやけど母さん、今話しかけられたくない気分なんだ」と言ったり、台所に立っている時にはもう聞こえないふりをして、無表情で黙々と作業する瞬間もある。いつも笑顔で海のように包みこむお母ちゃん像が理想なのに、気持ちが追いつかないことがある。
    最近図書館で、斎藤氏の『語彙力こそが教養である』を借りて読んだ。で、その流れでAmazonで斎藤氏の他の著作は何があるのか見ていたときに、このタイトルを見つけた。YouTubeで初めの方のAI朗読があったので聞いてみて、今の私が必要としていることのヒントがこの本にある気がして、読みたくなった。2019/6/17月

  • そこにある事実や自分を肯定し、切り替えていく。ただテンションを上げたり尊大になるのではなく、あえて上機嫌を保つコツ。考え方やコミュニケーションの作法だけではなく、呼吸法や身体をほぐすなど、マインドフルネスにも近いものを感じた。
    良い環境とは常に上機嫌な人が多い環境なんだと、読みながら改めて感じた。

    ○人と一緒にいる間は、楽しい時間を過ごすようにお互い努力する
    ○不機嫌が平気な人は、自分の存在を相手に認めさせたいという自己中心的な考えから脱却できていない
    ○上機嫌力の根本「ふっきる力(頭の中の悪いイメージを断ち切る)」
    ①断言力…現実をはっきり認め、終結確定、肯定し、次に行く「然り。ならばもう一度」
    ②想像力
    ③自分を笑い飛ばす力…何かをやるとき「自分だからすごい」「自分だからみっともない」とか考えない。みっともなさは、誰であろうと同じ。

    ○状況から一旦身を引き剥がし、自己肯定の視点に立つ
    ○自己卑下をするのは、プライドへの過剰な欲求があるから
    認めてくれないなら勝負を降りる、そうすれば負けずに済むという自己弁護の予防線を張っている
    ○谷川俊太郎「自分をからっぽにしないと詩が書けない」×自分の中から言葉が出てくる「自分の中にいる他者を目指して書いている」
    ○淀川長治「どんな人にも、どこかいいところがあるはず」

    ○鼻から3秒・2秒ためて・口から15秒かけて細くゆっくり吐く
    ○無駄のない力を抜いた姿勢を見つける
    ○機嫌の根本にはからだがある。からだは常にフラットに、オープンに

    ○相手の言葉を相槌がわりに繰り返す
    ○2人の間で具体的なアイデアをどんどん出す段階に入ると、空気が盛り上がる。

    ○かったるいからやらないでは、循環が起こらない。疲労が蓄積するだけ。
    ○知性がある=自分の気分をコントロールできる
    ばかばかしいと分かっていて尚且つ突き抜けるところが、知性。
    ○不機嫌には、次の未来に向かっていく感じがない。不機嫌は癖になるし、力にもならない。

  • 実質、入社前からお世話になっている大先輩に「とても大変なはずなのに、なぜ、いつも機嫌が良く見え、ニコニコしているのか」と質問した時に教えて下さった本。

    社会人7年目だが、朝から眉間に皺寄せて、元気良く挨拶もしなくて、舌打ちもするという方々をたくさん見てきて違和感を覚えていた。
    その感覚は間違っていなかったんだと確認することができた。

    私もまだまだなので、どんな状況でも上機嫌に切り替える事はできていない。一方で、上機嫌にする思考はこの本を含めて色々と学んでいる。

    明るい雰囲気を作るのは得意なので、しっかり実践します!

  • 不機嫌であるよりも上機嫌の方がいいよ!という本。

    上機嫌は身体からも作られることを知った。
    深呼吸、スクワットなどが有効。

    授業する時はスイッチを入れ替え、上機嫌になふという方法も勉強になった。

  • 明治大学教授でテレビでもよく見かける齋藤孝さんの著書。

    不機嫌にしている人が、威厳があるように見えたり、人に気を使ってもらえたりする風潮は確かにあるけど、それはおかしいし、そんな風にもなりたくない!

    気分をコントロールして、知的に上機嫌になれれば、これ以上のことはない。

    男性はとくに、45歳くらいになると、不機嫌でもないのに不機嫌に見られるようになってしまう。
    それは、表情筋の衰えと反応の鈍さによるもの。
    気をつけよう!

    社会では、強面で権力の中心に座っているタ イプ、気分を害するとやっかいだな、という人のほうが尊重される。不機嫌にしていたほうが、周りは構ってくれる風潮がある、これは明らかにおかしい。

    もともと日本では、人と接する上で、周りの空気をよんだり、相手が気持ちよくすごせるように、上機嫌とは言わないまでも、自分の感情を二の次のする習慣があった。

    無意味な不機嫌さや、無意味なシャイさが、自分の成長を妨げている。対人関係において、ボディブローのように響いてきて、長いこと損をしてしまう。

    気分を乗せる方法としては、話を始める前に、ハイタッチやイェイイェイと拍手をしてから始める。
    実際ハイタッチが難しければ、想像するだけでも、上機嫌でスタートできる。

    しかも、上機嫌は強運を呼び込む!!
    上機嫌を技化しよう♪

  • 仕事ができる人には、上機嫌な人が多いものです。本当にできる人は、テンションが高くて上機嫌、一つずつの動作、話すテンポが速いのです。頭の回転が速い分、コミュニケーションの速度も早くなります。
    みんなを楽しませよう、喜ばせようという気持ちが非常に強く、そのためには、進んで自分を笑い飛ばそうとするなど、サービス精神が旺盛なのです。
    これまで何もなしてこなかったように飄々としている人の方が大人物なのです。
    本物のヒーローは、その存在だけで、世の中全体を明るくすることができるのです。

  •  あるある!的な感想を持ちました。
    もやもやと感じながら過ごしてきたこと、「無駄に不機嫌な人が多い」というようなことを、上機嫌な文章でザクザク言い当ててます。あまりにも明快に解説しているので、ちょっと意地悪く「そうは言ってもね、人は・・」なんて言いたくなるんですけど、それもバッサリきっと斬られるでしょう。
    素直に従ってストレッチでもしたほうがよさそうです。

  • 昨日、自分の座右の銘を決める必要に迫られました。そして、私の2012年の座右の銘を「いつも上機嫌☆」に決めました。
    ふっと、この本のタイトルが浮かんできたからです。
    この本との出会いは、2011年12月に受講した選択理論の講座です。講師の渡邉奈都子さんの紹介でした。
    読んで、納得。自分の身体をコントロールすることで、自分の心を整える。
    そうすると他者とのコミュニケーションも円滑にいく、という流れができるという内容です。
    「社会を活性化するのは、上機嫌の作法だ」という齋藤孝さんの言葉に、ああ、本当に、会社でも、プライベートでも、いろんな人が上機嫌でいたら、どんなにか、楽しいだろう、と思ったのです。
    というわけで、まずは、私から、上機嫌☆になります!

    • じゅんさん
      あぁ、いいですねぇ~~。
      座右の銘が「いつも上機嫌☆」!
      暮れにお目にかかった時の、もんざさんの素敵な笑顔を思い出しましたよ。
      あぁ、いいですねぇ~~。
      座右の銘が「いつも上機嫌☆」!
      暮れにお目にかかった時の、もんざさんの素敵な笑顔を思い出しましたよ。
      2012/01/07
  • ふっきり上手になるには、断言力、想像力と客観的に自分を笑い飛ばす力。

  • ・体を上機嫌モードにする
     ①目を見る ②微笑む ③頷く ④相槌を打つ

    ・上機嫌力の根本はふっきる力
     ①断言力 ②想像力 ③自分を笑いとばす力

    ・鼻から3秒吸って、2秒腹の中にぐっと溜めて、15秒かけて口から吐き出す

    ・体をゆさぶりほぐすと、プレッシャーでのこりも取れる

    ・スクワットで下半身強化。下半身を鍛えないと推進力が出ない

    ・自分が不機嫌になるパターンを知る。また上機嫌になるパターンも知る。

    ・拍手は即効性がある!

全125件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。著書に、『だれでも書ける最高の読書感想文』『三色ボールペンで読む日本語』『呼吸入門』(以上、角川文庫)、『語彙力こそが教養である』『上機嫌の作法』『三色ボールペン情報活用術』(以上、角川新書)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)『『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)など多数。

「2021年 『すごいほめ言葉 相手との距離がぐっと縮まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×