上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店
3.57
  • (50)
  • (94)
  • (134)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 746
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047041943

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無意味に上機嫌!
    これにつきる!!

  • 読後しばらくは内容に納得し、上機嫌でいるように意識しました…また読み直そう。

  • 気分屋の私。
    上機嫌の作法を身につけて
    魅力的な大人を目指そう!

  • 「上機嫌」は円滑なコミュニケーションのための技。最初の1行”なんて無意味に機嫌の悪い人が多いのでしょう”これ読んで「そうだそうだ”」と思った。機嫌が悪い人のほうが、偉くて頭が良くて、人から気を使ってもらえる。こんな風潮がある。これって何かおかしくない?って日頃から思うことが書いてあった。まるで機嫌がいいと馬鹿みたいで能天気。そういうわけじゃないのにねぇ。上機嫌友の会でも作りたくなるよ 全く。仏頂面してるおじさん、機嫌悪いおばさん、愛想のない若者のなんと多いことか。かくいう自分もふと鏡に映った姿を見て”ありゃ”と思うこともあるけど。いつも上機嫌で生きたいものだ。斉藤さんの書く本はわかりやすくていいね。

  • 上機嫌って無敵かもしれません。
    けど、実際難しい時もあります。
    自分だけの上機嫌になる体の使い方作りました。

  •  現代日本は、不機嫌文化になっている。かつての日本は相手に不機嫌な態度をみせて不快にさせないようにすることができる上機嫌文化だったことを指摘し、上機嫌でいることの大切さ・方法を提示している。例えで、新庄剛を出しその上機嫌ぶりをおもしろく力説している。

  • 不機嫌は無意味。上機嫌は技。

  •  自分の人生観と一致。
     大好きな先生。
     下関でサインしてもらいました。

  • 不機嫌でいることが許されるのは、赤ん坊か天才だけ。。。
    なるほど^^;

  • 斉藤孝の本というのはとても読みやすく、実践しやすい。いわゆるHOW TO本なのだが、それだけでは終わらない。明日から実践してみよう、何かが変わりそうだぞという確信がもてる本。
    「不機嫌が許されるのは、赤ん坊か天才だけ」
    上機嫌を技化して体得してみよう!

全114件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)のその他の作品

上機嫌の作法 Audible版 上機嫌の作法 齋藤孝

齋藤孝の作品

ツイートする