人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川oneテーマ21

著者 : 門倉貴史
  • 角川書店 (2005年11月10日発売)
2.99
  • (8)
  • (25)
  • (96)
  • (21)
  • (11)
  • 本棚登録 :396
  • レビュー :52
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047100206

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川oneテーマ21の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了時間:2-3時間

    著者がテレビに出演し始める前の著書。

    今のキャラが邪魔するくらい読みやすい本。

    タックスヘイブンやシャウプ勧告、クロヨンなど租税法の授業で聞いたフレーズが懐かしかった。

    支出税は非常に興味深い提言だった。

  • 所得=収入−経費
    所得税は年1回徴収(サラリーマンは月々の給料から徴収)
    副業収入については会社を設立し家族経営(籍を置くだけでも可)で所得税を節税。1人で払うより5人に分散した方が所得が低くなるように見えるため。

    オーナー社長かサラリーマン社長かで長者番付に載るか載らないかが決まる。(株主配当が入るか入らないか)

  • 5割タイムマジック 5割ふつうの速読。

    タイトルの付け方に誤り。
    タイトルに関係する部分は「違法ビジネスは課税所得にならないぶんマイナスが大きい」ことの解説であって、全体としては税金の解説本。
    「違法ビジネスかどうかに関わらず、人に言いにくい仕事がなぜ儲かるのか?」の興味には答えていない。
    あおるタイトルが悪いとは言わないが一度裏切られると二度と買わない。

    税金の仕組みをざっくり知りたいならいいけど、他の本でいいだろう。
    捨てよ。

  • 節税の話から、アングラ経済の話に進んで、税制の話になるとは予想外の展開でした。

    支出税ねぇ・・・
    確かにメリットはありそうだけど、消費税を少し上げるだけで侃々諤々の世の中なので、やるとなったら想像も出来ない大変なことになりそうだ。
    メリット・デメリットだけでは計り知れない選択があるってことだね。

    (2015/3/23)

  • 20140915

  • 人には言えない仕事はなぜ儲かるのか

    税金について全体的にあっさりと書いてある。知ってることが多い人にとっては退屈な文章。

    副業をしていることを会社にばれないようにするためには。

    確定申告の際に、副業分の雑所得にかかる住民税を自分で支払う手続きをしてしまえばよい。

    確定申告の際に(所得税の確定申告書A)という用紙をつかう。この用紙にある住民税の徴収方法の欄で、(普通徴収)(自分で納付する)をチェックしておけば、副業所得に対する住民税の納付書が自分に送られてくるので、会社を通さずに自分で直接納付することができる。

    普通徴収にチェックすれば、会社からの給料に関する部分はいままでどおり、天引きされ、それ意外については個人で納税できるため会社には知られない。

    ただし、特別徴収という欄にチェックしたり、両方にチェックしないで提出すると特別徴収となりバレるため気をつける必要有り。


    アメリカの経済学者アーサー・ラッファーは税収と税率の間にラッファー曲線なる関係があることを主張した。

    政府が税収を増やすために税率を高めて行くと、あるところまでは確実に税収が伸びて行くが、税率が一定の水準を超えてしまうと、人々が働く意欲をなくして、経済活動の水準が低下するため、逆に税収が減ってしまうという説である。

    (クロヨン)(トーゴーサン)
    1988年税制改革
    税務当局によって把握される所得の割合が、サラリーマンでは9割に達するのに対して、自営業は6割、農業従事者では3割ということだ。
    (トーゴーサン)
    も同様に10割、5割、3割ということ。
    このような所得の細く率の違いによって生じる不公平性税率がある・・・

  • 非合法ビジネスがなぜ儲かるのか、節税をはじめとした税金の話など。

    面白かった。自分が働き出して、所得税が身近になったぶん、節税とか、支出税とか、面白く読めました。
    支出税、この本を読む分には所得税よりいいように思えるんだけど、実際うまくうごかなかった国もあるってかいてあって、なんかどうにかうまく活用できる方法はなきのかな、とおもった。

    今、仕事辞めて海外しかも消費税0の州で、税金の無い国出身の人たちも一緒に勉強してると、これ以上所得税上がったり、上がった税金がちゃんとだしく使われてるのかしらという不安がつきまとう限り、日本には戻りたくないあぁと思うわけです

  • 支出税なる新税の提案は疑問。本人の言うとおり実現生低い。折角の前段の現状分析が後段で台無し。

  • 節税、地下ビジネス、税制、副業

  • 出版社の意向でアングラ経済寄りのタイトルになってしまったんでしょうが、税金について具体例豊富に書かれています。
    プロスポーツ選手が現役時代の稼ぎ50%を税金に持っていかれるのは確かに気の毒。不公平感ありますね。

全52件中 1 - 10件を表示

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川oneテーマ21のその他の作品

門倉貴史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川oneテーマ21を本棚に登録しているひと

ツイートする