うなぎでワインが飲めますか?―そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店
3.32
  • (2)
  • (9)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047100213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マリアージュの本

  • カナダ産やブルガリア産など、なかなか手が伸びないワインの事が紹介されているのは、僕にとって、新鮮だった。
    今後手に取るのを、後押ししてくれる。
    そして、アルザスワインを久々に飲みたくなった。

    日本料理とワインもとても参考になった。

    サービスマンの心構え・おもてなしに関しての著者の意見はとても興味深いです。

  • 難しく考えずに気軽にワインを試して見ましょうというコンセプトの本かな。とはいってもウンチクもそれなりに多い。。ヨーロッパだけでなく、世界各国のワインをエピソードを交えながら紹介されていく。むしろニューワールド推しな感じ。アルゼンチンのワインは旨そうだな。探して見よう。

  • 辛口リースリング10年ものがお勧め
    ドイツのワイン用ぶどうは交配種が多い.代表的なものにMuller-Thurgau.自然種はリースリング

  • ソムリエとしての心得や田崎氏のソムリエ修行時代の話が面白い。料理との合わせ方の説明も丁寧に詳しく書かれていてよかった。

  • ワインは難しい飲み物じゃないよ、という話を、ワインと一緒に楽しむたべものの話を軸にして書いてくれている本。

    前半は、色々なワインの産地と現地のたべものとの相性の話、後半に日本食とワインの話、そして、最後に、楽しくワインを飲むための気軽な助言。

    それでもワインの産地や品種のカタカナの名前が列挙されているので、難しく感じるかもしれないけれど、この本の中の1つの例でも「あぁ、それの組み合わせで食べてみたいな」って思えたらいいんじゃないかな、などと勝手に思いながら読んでました。

    ワインを難しいと思っている人の為に役立ちそうだな、と思ったのは、この本の数カ所に書いてあった、

    「料理の色にワインの色を合わせればいいのです」

    という言葉。確かにそうだなぁ、と思いながら読みました。


    個人的な感想だけど、へぇー、そんなのがあるんだ、と新しく興味が湧いたのは、フランス、ジュラ地方で作られているという「黄ワイン」(ヴァン・ジョーヌ)。ナッツとドライフルーツの香りで、合わせる料理が難しくてあまり飲まれていないのだとか。コンテと一緒にのむとよいらしい。

    そして、もう1つ。
    赤ワインと合わせる料理として、スーパーで買った安いうなぎの蒲焼きを、付いていたタレと、山椒と、カップ1杯の赤ワインで数分煮込む、という料理を紹介してくれていました。
    白ワインで煮込んで野菜の上に盛りつけて、温かいサラダにするのも良いとか。
    うなぎの蒲焼きがたくさん売られてる季節になったら試してみたい料理です。

  • 最近ちょくちょくワインを飲むので、少しは造詣に深くまでとは行かずとも、多少なりとも嗜んでおこうかと読書。様々な料理メニューと、それに合うワインを紹介してくれています。

    高価なワインこそ最良、ではなく、値段にとらわれず、シーンに合わせた味わいのワインを選ぶべき。レストランで高いワインを飲みながらする食事の時間と、安いワインで過ごす日常の楽しい食事。どちらも楽しい時間で考えれば、さして大差ないやもしれません。ワインによって楽しめる食事の時間こそ大事にしてほしい。そんな気持ちで締めくくる著者は、商売に流されない心を持っていて素敵です。

    しかし、読者ターゲットが中級者あたりなのでしょう。地名がボンボン出てきて付いていけないの何の。都度地図でも付いていればまだしも、文字だけで、カタカナの羅列がぽぽぽぽんと。駆け出しの入門者な自分は完全おいてけぼり食らいました。知識無しで読めるコンテンツは1、2割といったところでしょうか。

    とりあえず、ワインに興味を持ちたての自分には敷居が高い一冊でした。

  • 初心者のためのワインガイド本

  • [ 内容 ]
    最近は寿司屋でも居酒屋でもうなぎ屋でも、気軽にワインを味わえるようになりました。
    また、家庭の食卓で鍋を囲んで飲んだり、キムチやおしんこでもワインを愉しむ方が増えてます。
    「自由自在」に「自己流」にワインを味わうための、ちょっとしたワインと料理の相性術を伝授します。

    [ 目次 ]
    第1部 世界のワインと料理をどう愉しむか(食前酒;ワインリストをどう見るか;ワインと料理の相性 ほか)
    第2部 日本の食卓でワインをどう愉しむか(日本そばと甲州ワイン;うなぎ料理とワイン;松茸料理とワイン ほか)
    第3部 ワインの愉しみ、もてなしの心(良い年、悪い年、バースデーヴィンテージの話をしよう;ワインの価格の奥深いからくりを教えましょう;ワインのコルクの将来はいったいどうなる? ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  最近集中して田崎さんの本を読んでいます。
     この本ではワインといろいろな料理の取り合わせについて書いています。うなぎ、にも合うワインはある。
     キムチに合うワインもある。(漫画の「神の雫」では韓国料理に合うワインがなかなかなく…という話しがありましたが…)基本的なある国の料理とご当地ワインの相性の話しなど豊富な経験と研究に裏打ちされた本ですので飽きずに読めます。

全14件中 1 - 10件を表示

うなぎでワインが飲めますか?―そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術 (角川oneテーマ21)のその他の作品

田崎真也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三浦 しをん
村上 春樹
ジェームス W....
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

うなぎでワインが飲めますか?―そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術 (角川oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする