巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店
3.42
  • (26)
  • (64)
  • (131)
  • (12)
  • (3)
  • 本棚登録 :484
  • レビュー :68
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047100367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まさか、野村さんが野球をこんなに大きく見れる人とは・・・
    正直、あまり期待せず読み始めたので評価はすこぶる高い。

    タイトルは「巨人軍論」と、まさに野球本といったものであるが、
    内容は集団を率いるためには、また、集団がうまく機能するためには
    について書かれた、超ビジネス本といっていいだろう。

    (また、本書内でも野村さん自身が言及しているが、
    一度も巨人でプレーしたことがない野村さんが巨人を語るという
    切り口も面白いw)

    「巨人だいすき♡」「野球大好き♡」といった人よりも、
    たとえば会社でチームリーダーや、人材育成に携わる人向けの内容。
    弱いチームで強いチームにどう立ち向かうか。
    リーダーとして人の上に立つ際に心がけること。
    チームを統率するために、必要なこと・・・等が実際に野村さんが
    監督時代を通した経験に基づき語られている。

    また、今回☆を5個も付けたが、
    野村さんの名言が私の心にささりまくったのもその理由の1つである。
    下記覚えておきたい名言をいくつかあげておく。

    「苦労というのはする必要がないことで苦しむことを言う
    好きな野球をやっているんだから、悩んだり苦しんだりするのは当たり前。
    それ自体が楽しいことだったのである」

    「選手というのは自分の存在価値を認めてくれる監督に対しては、この人のために死んでも構わないと思うものである。それが結果としてチームを優先することに繋がる」

    「人間学なき者にリーダのなし。間違いに気づきこれをただす能力が備わったことが大きな意味を持つ。監督は気づかせ屋でなくてはならない。自分が無知であることに気づかせ、何が正しくて何が正しくないのか、間違いに気づかせ正していく。そして気づく選手は絶対に伸びる。人間の最大の悪とは鈍感である」

    ほかにも本書にはたくさんの野村節が詰まっている。

    もし、今野村さんが野球監督をやっていたら確実に私は野村さんの采配を毎試合みるのを楽しみにしたことだろう。

  • ノムさんのぼやきの本。
    巨人嫌いかと思いきや巨人大好き(?)だったようだ。野村ID野球には巨人から学んだ思想が受け継がれているそうだ。

  • 他の野村本とのダブり感が目立つ

    102、王の言葉
    上に行けば行くほど、悩みや不安が大きくなる。
    それを打ち消すために練習に打ち込んだものです

    36、セカンドへのファウルフライ?

    ホームランを防ぐための鉄則は外角勝負
    39、精神野球が嫌い
    40、清原&藤川にひとこと

  • 「野村ノート」に秘められた「巨人軍」の項目をすべての勝負論、組織論は伝統の巨人軍から学べることは案外知られていない。強い球団と弱い球団の差とは何か?来期、楽天を指揮する現役監督が球界を斬る。

  • 巨人ファンなので購入。

    野村さん(自分の苗字もだが)の本は初めてだが、テレビやラジオの解説ではお馴染みで、まとめるとこういうことになるんだなぁと、野球のマネージメント論はすんなり読めた。

    ただ約10年前に書かれた、長嶋監督の後のパッとしない時代の書で、V9時代の賛歌本でした。
    「パッとしない」と記したが、野村さんは「巨人の凋落」という表現で、何箇所もあったのでそこには萎えた。


    (2015/3/14)

  • 現在、大学の通信教育過程でマネジメントやリーダーシップ論を学んでいますが、これらの内容は「情」と「理」のバランスの観点から非常に的を得ていると思います。特に、川上氏の「人間力」に関する部分は共感する部分が多かったし、巨人軍にはリーダー・ディベロッピング・リーダー(後継者を育てるリーダー)が多いという野村氏の慧眼も素晴らしいと思います。野村氏のキャラクターからすると単なるボヤキの人かというイメージもありますが、彼は「向上心があるからボヤくのだ」という話を聞いたことがあります。野村氏の向上心を感じる内容であったし、あらためて、マネジメントやリーダーシップ論に気づきが多かった本です。

  • 20150118

  • 巨人ファンなので読んだ。短めで読みやすい。

    V9時代の川上監督を理想として、野村氏がチーム作りに努力してきたことがわかった。

    これが書かれた頃には、野村監督の言うように、巨人の選手たちに誇りが失われていたのかもしれない。けれど最近は強さという裏付けを得て、伝統ある巨人軍と呼ばれるにふさわしい戦いをしているように感じる。

    個人的には、バレンタイン監督の率いたロッテのような楽しい集団も、V9時代や今の規律ある巨人のような集団も、どちらも見ていて好きです。なので、野村監督が、基本的には規律ある集団を志向したチーム作りを提唱しながらも、バレンタイン監督の指導法にも一目置いている点に好感が持てた。

    長嶋氏の「カンピューター」に負けてたまるか、という記述にニヤッとした。

  • 人ってマスコミを通してみかける姿だけで判断しちゃいけないんだなと感じさせられた本です。内容は「そんなの当たり前だよ」と感じることが少なくないかも知れません。

  • 2012/10/21読了。

    野村再生工場と呼ばれるほどのマネジメント力をもつ、野村監督の思考・哲学に興味を持って手に取った一冊。組織や個人の扱い方だけでなく、野村監督から見た巨人軍の描写が大変興味深かった。
    ぜひ他の著書も読んでみたいと思わせてくれた。

全68件中 1 - 10件を表示

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (角川oneテーマ21)のその他の作品

野村克也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野村 克也
綿矢 りさ
湊 かなえ
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (角川oneテーマ21)はこんな本です

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする