長生きする人のカンタン食生活 (角川oneテーマ21 (C-111))

著者 :
  • 角川書店
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047100411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テーマをしぼったらどうだろうか。

  • 元東京都消費者センター試験研究室長で食品問題研究家の著者がそのキャリアを通して、食品添加物からBSEまで食の安全について書いた本。
    安全な食品の選び方、調理に際しての自己防衛策が参考に。
    (目次)
    第1章 あなたの食生活は安全ですか?
    第2章 食の安全のための自己防衛策
    第3章 食の安全と身体に悪い化学物質
    第4章 今日から始める心身健康法
    第5章 五〇歳からでも間に合う安心食生活術
    第6章 免疫力を毎日の食事で鍛える
    第7章 一二〇歳までの健康が私の目標

    (個人的メモ)
    ・添加物表示が免除される3つの場合
    1.栄養強化の目的で使用されるもの
    2.加工助剤
    3.キャリーオーバー(食品の原材料の製造又は加工の過程で使用され、その食品の製造過程では使用されないもので、最終食品に効果を発揮することができる量より明らかに少ない場合)
    ・遺伝子組み換え大豆不使用の表示があっても、5%以下の混入の場合は表示義務が無いため、市販の豆腐の6割は5%以下の組み換え大豆の遺伝子が検出された
    ・食品化学物質の複合毒性の問題
    ・PH調整剤は比較的安全
    ・安全な食生活を送る上での考え方
    →食品選び(25%)、下ごしらえでの解毒(15%)、栄養バランス(30%)、免疫力アップ(20%)、その他(10%)
    ・(野菜)栽培者名の表示があるもの>生産地名>生産県名
    ・有機農産物(JAS)マークがあっても注意(第三者認定機関の信頼度がいまいちのものもある)
    ・和牛(4種のみ)≧銘柄牛(商品名)>国産牛(和牛以外)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

大正14年生まれ。元東京都消費者センター試験研究室長。食品の安全問題を研究して45年以上。90歳の今でもスーパーに足しげく通い、常に一般的で身近な食品の「いま」を調査し続けている。通称「食の生き証人」。

「2016年 『【最新ポケット版】農薬・添加物はわが家で落とせた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

増尾清の作品

長生きする人のカンタン食生活 (角川oneテーマ21 (C-111))を本棚に登録しているひと

ツイートする