団塊生活―転ばぬ先のつまようじ (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047100695

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しく生きる

  • [ 内容 ]
    充実した“団塊セカンドライフ”を送るための心の準備とは?
    “自分のための人生”への準備時間の一〇年!
    価値観の逆転「楽しく生きた人が本当の勝ち組」。
    五〇歳からの恋愛の形とは?
    中高年の不倫。
    熟年離婚の危機はどう回避する?
    介護・看護という現実。
    『課長 島耕作』『黄昏流星群』の著者がすすめる快楽人生術。

    [ 目次 ]
    第1章 第二の人生は、自分のための生きる(生きがいがあれば、“老い”は怖くない;“自分のための人生”への準備時間は一〇年近くある;団塊の世代は「豊かな暮らし」を目指していた… ほか)
    第2章 「男と女」に定年はない(やり残したこと。それは「恋」かもしれない;黄昏流星群;恋心を持ち続ける ほか)
    第3章 夫婦としての「第二の人生」(家庭にセックスを持ち込まない?;結婚相手は戦友でありたい;夫婦は家族の中で唯一の他人 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)を連載中。

「2018年 『学生 島耕作 就活編(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

弘兼憲史の作品

団塊生活―転ばぬ先のつまようじ (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする