ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)

  • 角川書店
3.70
  • (15)
  • (20)
  • (24)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 223
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047101074

作品紹介・あらすじ

最強将棋ソフトとトップ棋士、最高の頭脳による最前線の戦い。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.11記。
    今読むと、その後のAIの進展に唖然としますね・・・

    ーーー
    「ウォー・ゲーム」というアメリカ映画があった。東西冷戦の時代、ハッカーの高校生がひょんなことから米国防総省のホストコンピュータに侵入し、米軍は「ソ連が臨戦体制に入った」と大騒ぎになる。実際にはただの高校生の悪戯と判明するのだが、恐ろしいことに、コンピュータはこの過程で先制攻撃をしなければソ連ミサイルによって破壊される、ということを「学習」し、独自に再計算、発射準備を始める・・・といったストーリーだった。

    この映画のクライマックスで、主人公の少年はホストコンピュータに「三目並べ(いわゆる○×ゲーム)」を教えミサイル発射を食い止めようとする。コンピュータは猛烈な勢いでシミュレーションを繰り返し、「勝者はない(必ず引き分ける)」ことを学習する・・・。

    さて、本書は、最強将棋ソフトとして話題になった「ボナンザ」と、その対局相手となったプロ棋士とが交互に執筆する形をとったべらぼうに面白い本。

    チェスの手数を全て数えると10の120乗個あるそうだ。宇宙に存在する原子の数が10の80乗個だというから如何に天文学的な数字かがわかる。そして将棋は10の220超乗個に達するという(まじか・・・)。このため、「ありえない手」を捨てる「枝刈り」の手法が大切になる。ここについて、従来のソフトが将棋の有段者を開発者として「人間の思考の再現」を目指したのに対し、ボナンザは「コンピュータの学習」にゆだねている。そしてその過程で、対戦相手の人間に「棋風」とか「癖」とか、ひいては「知性」を感じさせるようなキャラクターが作られていくのだ。

    そういった舞台裏もさることながら、この本の最大の読みどころは「棋士」と「開発者」のプライドのぶつかりあいである。棋士は「コンピュータには大局観がない」という点にこだわる。実際、ボナンザは古くは江戸時代のものも含め、棋譜を10数万局学習しているらしいが、その程度の数では最初の十数手で未知の局面にぶつかってしまうらしい(10の220乗・・・)。一方で、本当にコンピュータの学習が進めば、そういった「プロの直感、大局観」に基づいて残された棋譜をデジタルに数値化することもいつかはできそうだ。

    何よりも「負けたくねーんだよ」という本能に忠実な魅力溢れる棋士がこの世にいる限り、世紀の対局は人間同士が演じ続けるだろう。同時に、コンピュータで宇宙の深遠を覗きたい、という科学者の情熱がある限り、いつか必勝手は解き明かされるだろう。いずれにせよ感動的なことはこの上がない。
    あー面白い本だった。



  • mmsn01-

    【要約】


    【ノート】
    ・新書がベスト

  • 将棋会若手の第一人者渡辺竜王(史上最年少九段)VS将棋ソフト・ボナンザは、史上初の公式コンピュータ対プロ棋士対局として、新聞などのメディアにも取り上げられたのでご存知の方も多いだろう。 本書では、この当事者二人のそれぞれの将棋に対する考え方や、対話が掲載されている。保木氏は将棋を数学的に考え、渡辺竜王は対人ゲームとして位置づける。この対照的な考え方の違いが両人の発言の端々から見受けられて面白い。

  • 著者二人の違いがおもしろい。
    特に保木邦仁氏の学者ぶりがおもしろいというか、ものを見るセンスが自分と似てるかも。ドラマ「ガリレオ」の主人公にも似てる気が…

  • 2007年刊行。2007年3月に渡辺明竜王がコンピュータプログラム「ボナンザ」と対局し、竜王が勝利したが、そのプログラム開発経緯、最善の一手を着想するプロの技、将棋プログラムに対するプロ棋士とプログラマーとの考えの異同、敗着の一手などを論じたもの。米長邦雄永世棋聖が、将棋プログラムに敗れたことを知り、その前座たりうる本書を紐解いた。「間違い方にこそが個性が出る」「大局観が重要」「無駄な手を読まず、どう捨てるかが大切」など、楽しみつつも勝負に真剣に向き合った個性のぶつかり合いが面白い本だ。

  • 将棋ソフトの作者とそのソフトと対戦したプロ棋士の共著。
    これは面白かった。ソフトの作者の方は本業は科学者とのことだが、その話はまさに離型トーク。

  • 語り慣れてない人に適当に言いたいこと言わせて本にすればいっちょあがり、というザ 新書。時間はつぶせた。

  • ボナンザについて語った本。

    既にボンクラーズが米長永世棋聖を破るくらいの実力を身に着けてる今となっては、わずか数年前とはいえ隔世の感が。

  • [ 内容 ]
    最強将棋ソフトとトップ棋士、最高の頭脳による最前線の戦い。

    [ 目次 ]
    第1章 ボナンザ誕生
    第2章 コンピュータとの対決
    対談 保木邦仁×渡辺明
    第3章 コンピュータ将棋の新たな可能性
    第4章 プロ棋士はこう考える
    終章 科学的思考とは?

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ボナンザが人間らしい理由を開発者、および対局した棋士の視点から解説している。また、今後のコンピュータ将棋の発展、将棋のあるべき姿、ボナンザのような一見、まったく社会の役に立たないようなことの大切さなど様々なことを教えてくれた。最近話題になったので読んでみたが、コンピュータ好きにも将棋好きにも読んでほしい作品でした。

全18件中 1 - 10件を表示

ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)のその他の作品

保木邦仁の作品

ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする