「本能寺の変」はなぜ起こったか―信長暗殺の真実 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047101197

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 信長ブームは自分が作ったとか、考証もできていないのに歴史小説を名乗るなとか、誰それの説は噴飯ものだとか、上から目線で語っているわりに、「このとき光秀はこう考えた」とかそれこそ何を根拠に言っているのか、というツッコミどころが非常に多く、新書のくせに著者の想像の産物のような気がして「信長暗殺の真実」については全く信憑性が感じられない。

  • 有名なクーデター事件とされている本能寺の変ですが、歴史小説を多く書かれていることで有名な津本氏による、信長暗殺の真相に迫った本です。

    最近明智家の方が本を出版されたり多くの新事実が出てきたりしているようですが、いつまでも決定的な証拠がでてこないで、楽しく読み続けられると良いと個人的には思っています。個人的な思いはさておき、明智光秀は本能寺の変においては、損な役回りをさせられたとは思います。

    信長が亡くなった事で得したのは、明らかに豊臣秀吉、徳川家康であり、何人かの商人も同じ思いだったことでしょうし、天皇を始めとした公家もそうだったことでしょう。多くの謎がいまだに残っているので、このテーマはいつまでも楽しめそうです。

    以下は気になったポイントです。

    ・本能寺直前の天正10年(1582)3月には、信長は武田勝頼・信勝を天目山にて破り、東国征服の目処を立て、関東8州の警護(関東管領)を滝川一益に任せた、旧武田領は甲斐22万石が河尻秀隆、信濃20万石が森長可といった信長配下の武将に与えられた(p22)

    ・信長は後北条氏と連携しているので、武田を滅ぼしたことで、織田と敵対しているのは中国の毛利と越後の上杉のみであった(p23)

    ・長宗我部征伐のための主将を、三男信孝、副将に丹羽長秀に任じたことで、それまで仲介役をしてきた光秀の立場、感情は微妙なものになった(p26)

    ・本能寺の変までに滅ぼされた、美濃斎藤・近江六角・浅井・朝倉など、信長を滅ぼそうとしていた勢力はあった(p27)

    ・1570年9月末の浅井、朝倉連合軍との戦いで信長は窮地にたち、弟の信興、信治や重臣である森可成、坂井政尚を失っている(p29)

    ・武力は持っていなかったが信長と敵対していた権力として、15代将軍の足利義昭、正親町天皇を頂点とする朝廷がある(p46)

    ・信長は、足利義昭から三管領の一つである斯波氏の家督や5畿内での領国管理を断って、泉州堺・近江大津・近江草津(商業都市)を直轄市として代官を置くことを認めさせ、貿易による利益を優先させている(p68)

    ・信長が父の信秀から家督を継いだときには、それまで従っていた国人、土豪たちは離反して、動員兵力は800程度(父の時代には5000)に激減した(p73)

    ・佐久間信盛が失脚すると、彼の配下にいた、大和の筒井順慶、摂津の池田恒興、中川清秀、高山重友らが光秀の与力に転じた、しかし摂津衆は組下ではなかったとも言われる、丹波平定後に、細川藤孝、一色義有を加えて、近畿管領の立場にあった(p99)

    ・1556年に光秀は加賀一向一揆において手柄を立てて500貫文の知行を与えられたが、これを石高に直すと、6000石程度になる(p100)

    ・本能寺の変直前において、精強とされた信長馬廻り衆の殆どがいなかったのは、中国出陣のために自領へ帰っていたため(p129)

    ・二条御所では、長男の信忠のみでなく、弟の長利、5男勝長や名だたる信長馬廻り衆が討ち死にしている(p139)

    ・仮に、摂津衆(池田、中川、高山)が光秀につけば、縁故の深い細川、筒井は迷うことなく光秀側となったはず(p164)

    ・信長は死後に、朝廷から太政大臣を追贈されている、征夷大将軍ではなく太政大臣で朝廷との問題は解決していた可能性もある(p169)

    ・光秀は本能寺の変後に、秀吉の長浜城を攻めて占領、斎藤利三を入れている、これにより正妻のねねは脱出していることから、秀吉共謀説も考えにくい(p183)

    ・光秀が勅旨に対して禁裏や京都5山に銀子500枚を計上しているが、現在の価格で3000万円程度(p185)

    ・光秀の丹波没収についても、柴田勝家(近江から越前)、秀吉(長浜から播磨・但馬)らが前線に近い遠国に配置されたのと同様の処置と考えられる(p191)

    ・細川藤孝は、毛利と秀吉のあいだで講和が近いという情報を事前に手に入れていたので光秀に組しなかったと考えられる(p203)

  • [ 内容 ]
    明智光秀には黒幕がいた!?
    ついに論争に終止符をうつ。

    [ 目次 ]
    序章 いまなぜ「本能寺の変」なのか
    第1章 信長を囲む軍事・政治情勢
    第2章 織田信長という個性
    第3章 秀吉の勃興と光秀
    第4章 敵は本能寺にあり
    第5章 黒幕は果たしていたか
    第6章 本能寺の変の真実

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • これだけ読後にがっかりした本も珍しい・・・
    振りだけが長くて結局結論が希薄すぎ。
    歴史の勉強にはちょうど良かったけど。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

津本 陽(つもと よう)
1929年3月23日 - 2018年5月26日
和歌山県生まれ。東北大学法学部卒。会社員生活をしながら同人誌『VIKING』で活動し、掲載作「丘の家」が第56回直木賞候補。1978年に和歌山を舞台にした『深重の海』で第79回直木賞を受賞。1995年に『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞している。1997年に紫綬褒章、2003年旭日小綬章をそれぞれ受章。2005年には第53回菊池寛賞を受章した。
ほか、代表作にベストセラーとなった『下天は夢か』。多くの歴史小説、企業小説を記してきた。

「本能寺の変」はなぜ起こったか―信長暗殺の真実 (角川oneテーマ21)のその他の作品

津本陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする