俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川oneテーマ21 A 85)

  • 角川グループパブリッシング (2008年8月10日発売)
3.43
  • (6)
  • (16)
  • (24)
  • (4)
  • (1)
  • 109人登録
  • 19レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047101470

作品紹介

俳句と脳。日本人のひらめきの原点は俳句にあり。

俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川oneテーマ21 A 85)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 俳句を習っているので、黛まどかさんの句作の話は、隅々までとても参考になった。なんとなくもやもや感じていたことが、明文化されていて、すっきり。
    「短歌は情熱の詩であり、俳句は諦めの詩である。短歌は懺悔の詩であり、俳句は祈りの詩である。」
    ものすごく納得した。

    茂木健一郎と黛まどかの対談もおもしろかったけど、何にでも○○脳と名付けるのは違和感。

  • 人は言葉によって世界を切り取っているから、身の回りのものや経験から得た感覚を表す言葉を知る、またはその逆をすることによって世界の見え方が変わっていく。そのことを再発見させてくれた。

    そう思っていろんな言語を学ぶと、その言語を操る人々がどのように世界を切り取って見ているのか知ることができるかもしれない。

  • ・第二部 ひらめきと美意識-俳句脳対談 多様性が文化を創造する
    橋本内閣が組閣した当時、ニューヨークタイムズ東京支局長が
    著者の一人である俳人・黛まどか氏を訪ね
    「新聞・週刊誌の短歌、俳句、川柳のコーナーへの投稿、
     お茶のペットボトルやキャンディの袋にまで詩が書いてあり、
     世界中で詩が低迷している昨今、こんな国はどこにもない」
    というようなことを言ったとのこと。

    実に興味深い。
    ”詩”的な表現(?)だが、このときは通勤時で
    ちょうど奥田民生の「さすらい」がイヤホンから響いていた。


    「詩」とは何なのかとつくづく思った。
    すぐにgoogleに頼るのは悪しき習慣なので、pomeraという事もあり辞書を引いてみた。
    以降、使用した辞書は
     三省堂 新明解国語辞典 第四版
    である。


    詩:(1)文学の一形式。自然の美しさ、人生の哀感、社会への憤りなどを、
         一定のリズムを持つ縮約的表現で述べたもの。
        [広義では、渇き切った現代人の心に憩いを与える純粋で清らかなものをも意味する]
      (2)「漢詩・詩経」の略。


    なるほど、(1)、(2)の意味とも遠く義務教育で習った気もするが、今となっては定かではない。

  •  勉強になりました。
     堅物と呼ばれようと型は守ります。
     個性は自由にしていれば伸びるものではなく、型にはめられ押しつぶされてもはみ出てしまうものが真の個性であるとの思いを再確認しました。

  • 俳句というのは 季語 がとても大切なものだということが
    今回読みながら 痛感した。
    手紙を書いたりする時に 以前は時候の挨拶を書いていたが
    いまは、メールがほとんどなので 季節の言葉など
    あまり考えることもなくなったが・・・

    季語という 季節の移ろいを 17音の中に
    取り入れていくという 俳句の 厳しい規則と
    その言葉が 自然の破壊のなかで 
    少しづつ消えていこうとしている ということが
    ひたひたと・・・感じられる本だった。

    その季語が ある意味では 1000年近くの連綿とした
    歌詠みの世界が存在していて・・・
    その言葉が たくさんの歌人 そして俳人によって
    読み込まれることで よりくっきりと 風景が呼び覚まされる。
    『遣らずの雨』という言葉の持つ 
    ヒトに対する 深い思いやりが ずっとしみるようになった。

    芭蕉の 『古池や蛙飛び込む水の音』は・・・
    『古池に蛙飛び込む水の音』ではない指摘が 
    俳句の 切り立った表現が よく見える。

    『古池に蛙飛び込む水の音』
    一連の 蛙の 動作を スローモーションのように
    その風景を 思い浮かべさせる。
    『古池や蛙飛び込む水の音』
    は 古池という シーンと 蛙が飛び込むシーンが
    二つに場面が分かれている ということが すごいと思った。

    ミメロギアの練習によって 言葉の持つ クオリア
    ということが 私の中でずいぶん理解されてきたが・・・
    俳句についても 手習いを はじめたい とおもった。
    俳句、短歌、そして 詩 を 詠むことは
    言葉の クオリティを高めるためにも 必要な作業と
    痛感した・・・・。

  • なんでも脳つけたがる

  • [ 内容 ]
    俳句と脳。
    日本人のひらめきの原点は俳句にあり。

    [ 目次 ]
    第1部 俳句脳の可能性(茂木健一郎)(言葉を持たない感覚 言語の不思議な営み 「五・七・五」という余韻 ほか)
    第2部 ひらめきと美意識-俳句脳対談(茂木健一郎 黛まどか)(俳句がひらめくときと脳 「はまる」メカニズム 俳句は革新の歴史 ほか)
    第3部 俳句脳-ひらめきと余白(黛まどか)(俳句の魅力 暮らしに俳句があった頃 日本人らしい日本人に ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 俳句に興味を持ったので読んでみたのですが、私にはちょっと内容が難しいというか…わかりずらい部分が多かったです^^;

    俳句を作ったり詠んだりして、ある程度、俳句を理解してから再度、読んでみようかなぁ。

  • 11.1.1 年末の新聞整理で見つけた読みたい本。

  • 俳句とは、言葉と脳のバトルでしょうか。
    季語や切れなどのルールに従うと共に、それにも囚われないこと。
    「月日」、「蛍狩」、「花冷え」、「遣らずの雨」、「わたくし雨」、「薄紅葉」...
    日本には素晴らしい言葉がたくさんあります。

全19件中 1 - 10件を表示

俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川oneテーマ21 A 85)のその他の作品

黛まどかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
J・モーティマー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川oneテーマ21 A 85)はこんな本です

ツイートする