日本語ヴィジュアル系 ―あたらしいにほんごのかきかた (角川oneテーマ21)

著者 : 秋月高太郎
  • 角川グループパブリッシング (2009年1月10日発売)
2.73
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047101586

作品紹介

学校では教えられなかったイマドキの表記法が蔓延する理由は?『ありえない日本語』の著者が実例を元にデジタル時代の日本語表記の可能性を探る。

日本語ヴィジュアル系 ―あたらしいにほんごのかきかた (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まあ、いまのこうしたネット表記とかのまとめかなあ。

  • かなを中心とした(主に打ち言葉の)表記に関する新書。
    小文字や濁点など現代的表記(本書でいう「ネオ~」)についての提言は、
    無理があるけど面白い。

    小文字「ヮ」を外国語音としたり(漢語合拗音も外国語かもだが)、
    「食う気→くうき/空気→くぅき」とする理由がイマイチだったり、
    微妙なところもあるけど、そのあたりは新書だからか。

  • [ 内容 ]
    学校では教えられなかったイマドキの表記法が蔓延する理由は?
    『ありえない日本語』の著者が実例を元にデジタル時代の日本語表記の可能性を探る。

    [ 目次 ]
    第1部 導入編 ヴィジュアルな日本語(日本語はヴィジュアル重視 デジタル書きことば革命とその後)
    第2部 実践編 ネオかなづかい(現代かなづかいからネオかなづかいへ ネオ小書き文字「っ」 ネオかな小文字 ネオ外来語表記 ネオ四つがな ネオ濁点文字 ネオ長音符号 ネオ句読点)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 作文っぽい。しなやかによめる

  • 内容が薄かった。
    買って損した。。

  • 図書館で借りた本。
    考察がなかなかおもしろくて、日本人の文字に対する繊細な感性を知ることができました。
    たしかに今後も日本語のビジュアル化はすすむのだろう。

  • 購入場所:ブックファースト 新宿店
    読書期間:2009年2月5日〜2009年2月8日

全7件中 1 - 7件を表示

秋月高太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日本語ヴィジュアル系 ―あたらしいにほんごのかきかた (角川oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする