テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.39
  • (6)
  • (14)
  • (32)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 211
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047101784

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この右巻では2008年に起こった事件や。グローバル資本主義のもとで帝国主義化するアメリカ、ロシア、中国などの大国各国の政権と国体の変動を解説しております。この本もまた非常に読み応えがあります。

    この本は右巻・左巻と同時刊行されたうちの右巻で、ここではロシア・グルジア戦争、アメリカの大手証券会社だったリ-マン・ブラザーズの経営破綻。形を変えた帝国主義を標榜し始めるアメリカ・ロシア・中国などの大国の政権や『国体』が以下に変貌して言ったかということを古今東西の分権を利用しながら詳細に分析されており、新書のサイズながら、ものすごく読み終えるまでに難儀しました。

    現在でも閉塞感がはびこり、彼の言うところの排外主義や、具体的に『ファシズム』という言葉は使わないものの、行動様式はファシズムそのものである行動を取る政権や政治化が出始めたことに本当に驚きを隠せない状況になってきていると思いました。僕が興味を持ったのは、第一章『ロシア情勢の変化』及び第二章の『王朝化する帝国主義と「生成するロシア」』では多少事情は違えど、ロシアにおける権力闘争や、プーチン、ペドベージェフがいかにして『二十年王朝』を構築しようとしているのかテレビを見ていても、『ああ、裏ではこういうことが動いているのか』と類推することができるようになったので、読んでよかったなと思いました。

    第八章の『雨宮処凛、あるいは「希望」の変奏』では筆者が雨宮処凛さんとの対談を通して、若者の非正規労働及びプレカリアートの問題を考察し、労働力を再生産できないまでに経済的に逼迫した層が生まれることと、ティッシュにしょうゆをかけて食べる人間の層と、100万円の年会費を払い、司法試験の勉強をする人間が同じ国家の中に存在しては「同朋意識」が育ちにくい、と看破する筆者の筆の鋭さに改めて驚嘆しました。

    このような状況になっていくと、保護主義政策や排外主義政策を国家がとるということで、今問題になっているTPPの問題もこれは形を変えた「ブロック経済」が復活したと思うと、理解が得ることができました。このようにして「時代」を読み解くことができるのは筆者の外交官時代の経験と、神学を専攻した、という経歴が根幹にあるという話を聞いたことがあります。こういう思考が形成される経緯はすごく興味がありますので、これからも僕は筆者の著作を読んでいくつもりです。

  • 江戸幕府もマルクス経済学も、労働者(農民)は生かさず殺さずを是としているが、現代の経営者は後先考えずに搾取し、殺しにかかっている。
    情報分析は得手だが学問の解説は不得手な模様。長々とした引用の合間に難解な文章で解説をされるが、わかっている人の一人語りであり、人にわからせるための言葉ではない。
    世界情勢については、アクセスできる情報が一般ニュースレベルなので、そこから何とか解釈しようとした結果、自分の中の既知の学問によって情報を膨らませざるを得ない苦しさを感じる。
    対談のくだりは面白いが、それは相手の面白さによるもの。
    現場に戻って欲しいものだが、向うにその度量は無いのだろうなあ。

  • 新自由主義の世界からファシズムにつながる流れを示している。マルクス経済から思想、貧困の現実などすっと入ってくる。右巻の方が、難しいかも。左巻の方が、やさしい気がした。

  • 2009年の本だが、イスラーム法にのっとった統一イスラーム国家を作る動きがあり、パキスタンなどが政権崩壊した場合その空白の期間にテロリストたちがそこにつけ込むだろう。という予測は、シリア崩壊後のイスラム国でその通り実現した。


    原罪を持たない国家。
    共産主義国家は、共産主義を実現して世界中の国家を解体するための過渡期国家という位置付け。そのような目的の国家のため、国家は国民を抑圧するという原罪を持たない。
    原罪がない国家は性善説によって運用されるため、国家を監視する機関を持たず国家独裁となる。
    共産主義の実現が世界のためになるため、他国の侵略も世界の利益となる暴走国家になる。

  • 第1部は、ロシアの情勢についての考察がおこなわれています。著者は、新自由主義が猛威を振るう中で、ハーバーマスが社会民主主義的な国民国家の創生に期待していることに触れつつ、プーチンのロシアがこの2つのどちらでもない第三の道、すなわち、帝国の論理を追及していると主張しています。

    第2部は、新自由主義が引き起こした格差の拡大が引き起こす問題をめぐっての考察です。著者は、マルクス主義経済学者の宇野弘蔵の恐慌論や、それを継承した宗教哲学者の滝川克己の仕事を参照しながら、新しいファシズムの危険性に警鐘を鳴らしています。さらに、現行の資本主義体制を基本的に了承しつつ、その中で格差問題の解決に向けての努力をおこなっている雨宮処凛も取り上げられています。

    著者は、マルクス主義とキリスト教神学とナショナリズムという、互いに交じり合わないと思われる3つの立場を交差させつつ、独創的な思想を構築していることで知られています。本書で著者が注目している滝沢克己は、、カール・マルクスとカール・バルトという2人のカールを読み併せることで、現代の人間が直面している問題についての考察をおこなっています。彼はその問題を「簒奪の思想」という言葉でまとめ、それを人間にとっての原罪と考えることで、そのような問題をはっきりと見据えることの必要性を主張しました。著者は、こうした滝沢の思索を継承しつつ、贈与と相互扶助の社会という、具体的な問題の解決策に向けての議論をおこなっています。

  • 「はじめに」で、オバマの就任演説に、すべての国民を糾合して国家体制を強化するという、ファシズムへの危険性を指摘する(危機の資本主義とファシズム(資本主義への異議申し立て)の反復)。一方、新自由主義によって中間団体が解体され、国民一人一人がアトム(原子)化されている日本においても、ファシズムが有効性をもつ思想として登場する可能性を指摘する。
    資本主義の「簒奪の思想」を超克するために、商品経済ではなく、贈与と相互扶助が経済の基礎に据えられた社会が指向されている。日本の今後のシナリオとして、以下の3っつを挙げている。
    第1 新自由主義から脱却することができず、社会も国家も弱っていくシナリオ
    第2 国家がシンボル操作によって排外主義を煽り立てて、国民の活力を国家に糾合するシナリオ
    第3 国家の干渉を極力廃止、相互扶助、贈与を行うことで社会を強化していく、その結果として日本国家が強化されていくというシナリオ
    「田母神論文」が支持される世論があり、自衛隊のクーデターを暗示している。歴史認識をめぐって日本の国論を分裂させ、それに自衛隊を巻き込むなどという最も愚かなシナリオと指摘。

  • 従来、戦争とは国家対国家でおこなわえるゲームだった。想定される第三次世界大戦においては、イスラエル、アメリカとイラン、シリアという国家間戦争とともにイスラム過激派による非対称の戦争も展開される。

    マルクスやレーニンの国家観は実のところアナーキストと本誌手うn相違がない。国家は本質的に暴力装置であり、究極的には消滅すべき対象であると考える。

  •  第1部では、ロシア・中国に内在するロジックを解説し、第2部では、資本主義の欠陥を他者の論考を通じて明らかにし、新自由主義に対する反動から生じるかもしれない、ファシズムへの兆候を示している。さすがにロシアについては専門領域なので様々に分析されているが、第2部は基本的に引用が多く、ワクワク感は控えめのように思う。

     後半では、絶対的貧困の現状と、過去にファシズムが台頭した時代の状況を比較することで、今後に起きるかもしれない変化を推測している。特に、雇い止めなどの問題について経団連などが取り組むことを提案しているのだが、それだけでは問題は解決しないのではないかと思う。なぜなら、企業に国籍は必要ないので、市場を日本に限定する理由がないからだ。
     日本での製造経費が高くなれば他国に拠点を移すだけで済むし、日本市場が縮小する以上に外国市場が拡大すれば、企業が得る利益はむしろ増える。だから、派遣をやめて正規雇用を義務付けるというような対策は、かえって逆効果になるかも知れない。

     派遣の問題は、大企業との雇用関係よりも、派遣会社との雇用関係に根本的な原因がある気がする。結局、派遣会社という中間業者による搾取と、派遣社員に対する教育の機会が与えられないということが、貧困の負の連鎖を生み出すことになるのだろう。
     だから例えば、派遣会社の業界団体を設立して事業規模に比例して出資させ研修センターをいくつか作るのはどうだろう。派遣会社に就職した人は必ずそこで一定期間研修を受けることを義務づけることにより、社会人としての基礎的なスキルも身につけられるから、仮に派遣切りにあっても、どこかで再雇用される確率は高まると思うし、正社員として雇用されるチャンスも高まるだろう。
     補助金や社会保障を積み増せば、一時的には救われるかもしれないが、その子供たちに貧困が継承されてしまうかもしれない。ならば、そのお金をスキルアップの仕組み作りとそれを指導する人の確保に使ったほうが、後々よいかもしれない。

  • 基本的な感覚や意見は好きです。
    いろいろな本を読んでいて、いろいろなことを考えている、頭のいい人なんだなー……というのが一番印象に残るだけで、全体的に(自分の読解力を棚に上げつつ)スッキリとする感じが少なかったです。
    やはりこれも、新書だから?

  • 不安の時代にテロやファシズムの魅力に吸い寄せられないためにどのような政治、思想の教養が必要なのか。マルクス、新自由主義からリーマンショック後の国家機能の強化をめざす保護主義、ロシア、中国にみられるような新帝国主義を通して考える。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家・元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対露外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し外務省を失職。05年発表の『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

「2018年 『宗教と生命 シリーズ:激動する世界と宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)のその他の作品

佐藤優の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印

テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする