脳トレ神話にだまされるな (角川oneテーマ21 C 170)

著者 : 高田明和
  • 角川グループパブリッシング (2009年6月10日発売)
2.89
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • 17人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047101890

脳トレ神話にだまされるな (角川oneテーマ21 C 170)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 様々な脳の検査において、何らかの刺激を与えた前後を比較することにより、あたかもそれが脳の活性化につながるといった「脳とレーニング」が謳われている。

    しかし実際こういった検査における結果は、単に脳の血流が増しただけのことであって、それが実際に教育的な効果を与えたか、思考能力が改善されたかということの証明には全くならない、ということを筆者はまず強調する。それについてはとても納得できるし誤った行動をフ防ぐためにもありがたいことだ。

    ただ、認知症を防ぐために記憶力増強のための脳トレをすることにあたり、筆者は「思い出すことの90%は悪いこと」とした上で、徒に記憶を刺激すべきではないと主張する。確かにトラウマやPTSDの現状を見ると、記憶の中には見たくない何かが潜んでいることも多々あろうが、高齢者に対して「思い出」を喚起することが望ましくないこととは思えない。「未来」における楽しみや期待をそれほど持てない人々にとって「過去」にちりばめられた歓びはとても大切な財産であり、それを導き出すことが「悪いこと」とはどうしても思えないのだ。

    筆者が最後に挙げているミラー細胞の役割強化、あるいはプラシーボ効果には送り手の「ポジティヴな態度/ことば」がとても肯定的な結果を生むとされている。であれば、高齢者に対してもそれを心得として臨むことで、効果はポジティヴに振れるのでは、と思う。

  • 脳トレよりも、禅が良い。日本人は神話が好きだから、流行物には気をつけよう。

  • 脳トレで脳が活性化することは科学的事実だとしても、だからといって認知症の予防や、学業の成績を高めることにはならないということ。

    まぁ、当たり前の事を言っているだけなんでしょうけど、テレビやなんやかんやで、脳の最新のMRI画像がどうたらこうたらを見せ付けられているうちに、著者いわくの「科学という錦の御旗を掲げた世論誘導」なんてのがまかり通ってしまっているのも現実。気をつけましょう。

    また、右脳を鍛えすぎると、うつ病傾向になりやすいとか、記憶力が優れているから幸せというのはウソで、思い出さない訓練も必要。呼吸法が重要、、、などは、なるほど感のご高説でした。


    (2009/8/14)

全4件中 1 - 4件を表示

高田明和の作品

脳トレ神話にだまされるな (角川oneテーマ21 C 170)はこんな本です

ツイートする