太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21)

著者 : 保阪正康
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年12月10日発売)
3.35
  • (0)
  • (8)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 63人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102224

作品紹介

開戦、特攻作戦、敗戦そして本土決戦…あの戦争に官僚たちがはたした役割とは何か。

太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太平洋戦争当時の指導者や日本軍の兵士、国民一般に対する認識、著者と山岡荘八では全く異なっていて、ちょっと驚き。確かに、山岡は当時の日本人の精神を美化し過ぎているきらいがあって、戦後教育を受けた身としては、本著者の見方の方が首肯できる。事実やその捉え方には常に二面性がある、と言うことなのかもしれないが…。
    皇国史観、死生観等は、第一次大戦と第二次大戦の間に、国民の間に意図的に刷り込まれ、国民の臣民化が図られた、ということだが、これには日本人の国民性、即ち和を重んじ同質性を好とする気質、熱しやすい性質が深く絡んでいるんだろう。著者は官僚が国民を扇動し、主導して戦争に突入させたという見方をしているが、官僚だけのせいにしてしまうのは短絡的に過ぎるような気がする。やはり国民全体、国全体の過ちとして捉えないと…。
    失禁してしまったり、軍に対する恨みつらみを叫びながら特攻した隊員がいるという悲しいエピソード。要するに日本教とでもいい得る死生観を心底から信じきる事ができた者は「天皇陛下万歳」を叫び、そこに疑問を感じていた者は悲しみや恨みを抱きながら特攻していった、ということなんだろうなあ。特攻隊員のピュアな自己犠牲の精神は美しいし、特攻という戦略を編みだし正当化した当時の幕僚たちは狂気というしかないし、特攻自体は唾棄すべき惨たらしい作戦だった、ということか。
    著者の東條英機に対する評価は極めて厳しい。彼については他の書籍もひもといてみたい。

  • 読了。

  • タイトルの「七つの謎」 というのはいかがなものか。
    謎という内容ではなかった。

  • 感想未記入

  • 読みやすいです。今の日本の国民性や政治の体質は軍国主義だった70年前と大差ないような気がした。

  • [ 内容 ]
    開戦、特攻作戦、敗戦そして本土決戦…あの戦争に官僚たちがはたした役割とは何か。

    [ 目次 ]
    第1章 誰が開戦を決めたのか?
    第2章 戦時下の国民は戦争をどう捉えていたのか?
    第3章 山本五十六はなぜ前線に行って死んだのか?
    第4章 なぜ人を武器にする戦略が生まれたのか?
    第5章 日本の軍事指導者たちの敗戦の理由
    第6章 誰が終戦を決めたのか?
    第7章 もし本土決戦が行われていたらどうなっていたのか?

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 章立てが明快で、内容も平易でわかりやすい。気になったのが戦争を始めたのは官僚組織の負の面、報道の機能マヒ、調子悪いときの大本営発表のだまる・嘘をつくという行動…あれ、今なんか似たようなことなってないですか? と思ったり。ともかく、歴史の教訓を生かさねば。

全7件中 1 - 7件を表示

太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21)のその他の作品

保阪正康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする