江戸のお裁き 驚きの法律と裁判 (角川oneテーマ21)

著者 : 河合敦
  • 角川学芸出版 (2010年9月10日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102378

作品紹介

江戸時代には、多種多様な刑罰や拷問があった。お上はいかに裁き、庶民たちはいかに裁かれたのか?実在した珍令・奇令の数々から時代劇のウソ・ホントまで、史実にもとづく豊富なエピソードから、知られざる江戸のお裁き事情を読む。

江戸のお裁き 驚きの法律と裁判 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大岡越前は名裁きをしていなかった。鼠小僧次郎吉は盗んだ金は全部、飲む打つ買うに使ってた。銭形平次や半七などの岡っ引きは悪党だった。お白州で遠山の金さんが「一同、引き回しの上打首獄門!」と沙汰を下すことはなかった。などなど、「通説と史実とは、全く違うのである。」 
    まあ、TV時代劇や時代小説は殆ど嘘(フィクション)だと分かっていて楽しめば、それでいいのかも。

  • これに限らず、角川と幻冬舎の新書は外れだらけ

  • ふむふむ、なるほどと思いながら読んだ。
    時代劇と史実はやはり異なるものなのだなぁと思ったり。

全3件中 1 - 3件を表示

江戸のお裁き 驚きの法律と裁判 (角川oneテーマ21)のその他の作品

河合敦の作品

江戸のお裁き 驚きの法律と裁判 (角川oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする