考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年4月10日発売)
3.43
  • (33)
  • (107)
  • (124)
  • (21)
  • (12)
  • 本棚登録 :821
  • レビュー :128
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102385

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  買うときは知らなかったが、読んでみると南アフリカW杯に向けて出版された本のようだ。結果が分かっている未来から読み直すという形になったが、そのことでオシムの慧眼に改めて驚かされた。メディアはW杯を中心に報じ、負ければ一斉に監督を非難し、チームの問題点を論う。しかし日本サッカーを真にワールドクラスに引き上げるにはそのような近視眼的な思考は足かせになる。
     オシムは日本が抱える慢性的な問題として、「責任感」、「ディシプリン」、「リスク」を挙げている。これらは2017年時でも解決すべき課題のまま残っていると思われる。またさらに本質的な問題として日本にはサッカーが文化として定着していないことが指摘されている。確かにヨーロッパや南米ではサッカーが生活の一部になっているようだ。Jリーグはテレビ中継も少なく、未だに一部の人がスタジアムに行って観戦するものというイメージだ。オシムが述べているように町のおばあさんでも地元チームのオーダーが言えるような時が来た時、日本サッカーは大きく進歩するだろう。

  • サッカーを通じて日本人のメンタリティを紐解く。
    日本代表の監督をしていたイビチャオシム監督から見た日本人の特徴を語る。他を尊敬しすぎることや自信のなさが欠点だと語る。それでも世界に通用する力はあり、オリジナルを目指せとも語る。

    どんな世界にも通じるような価値観が見える良き一冊。
    一番印象的だったのは模倣をする限りそれはオリジナルを超えることは出来ず、自分の強みを活かしたオリジナルをつくることが重要だという内容だった。

  • 2010年W杯直前にオシムが語った、当時の日本代表を分析した本。あのままオシムが指揮を取っていてくれたらなあ、とつくづく思う。

  • ホームページに感想を書きました。
    「「リスクを負わない者は勝利を手にすることができない」」
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage131.htm

  • オシムさんは特にだけど、外国の指導者の精神は日本の風土のみでは培われない(にくい)芯がある。いくら厳しく接していても、人間一人一人に対する根本的な敬意を感じる。信仰心とかも関連してるのかな。
    エッセイ本としても、風土による考え方の培われ方の違いを知るという意味でもすごく面白い本でした。

  • 4月に出版されたにも拘らず、サッカーW杯の日本代表の結果が出た今読むと、尚更感慨深い示唆に富む内容。日本代表がベスト16、そのメンバー構成まで事細かに書かれた内容がことごとく当たっていてびっくりさせられます。

    私にとって特に印象的なのは、やはり日本の教育の課題。
    学校での教育が、サッカーの勝ち負けを左右するその姿勢に大きな影を落としていることが指摘されています。
    試合中にタイムのないサッカーにおいては、目まぐるしく変化するピッチで選手自身が瞬時に判断をしながら局面を打開することが求められますが、日本人選手は、いつも誰かに指示を受けなければ行動できないと繰り返し述べられています。

    みずからリスクを負って行動すること。
    まちづくりにおいても全く同じだと思いました。

  • オシム監督の思想・哲学による日本サッカー界へのビジョンに触れることができる。当時の日本代表候補をどのように見ていたのか知ることができて面白い。すごく客観的に、公平に物事の真理を見抜いていたのだなぁ。改めてすごい人だと思う。日本の学校教育のおかしさについての指摘も鋭いと思う。

  • 最後の最後で責任を放棄してしまうのは、責任の範囲が不明瞭ということと表裏一体という気がした。だから、失敗したときに誰の責任かが分らなくて、一番の責任者が形式的に責任を取るというパターンになるのではないか?
    「責任の範囲が不明瞭」というのを良い方向に解釈して、自分の範囲を越えて活躍するということもあるかもしれないけど、その逆もあるということだ。

  • ポリティクス politics 政治学。政治活動。政治。
    パッシングゲーム パスだけで行うフリーランスオフェンス
    アトラクティブ attractive 魅力的
    ディシプリン 規律
    エフィシェント 効率的
    エキストラ 番外のもの。特に映画などの、臨時雇いの端役
    ダビデ対ゴリアテ 羊飼い少年ダビデが戦士大男ゴリアテを倒す物語。
    ペシミスト 悲観主義者

  • 面白かったんですけど、オシムさんの哲学の本だと思って買ったらがっつりサッカーの話でした。当たり前ですよね笑

全128件中 1 - 10件を表示

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)のその他の作品

イビチャ・オシムの作品

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)はこんな本です

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)を本棚に登録しているひと

ツイートする