お客さまの「特別」になる方法 「リレーションシップ・キャピタル」の時代 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.98
  • (14)
  • (17)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :138
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102620

作品紹介・あらすじ

消費者と「特別」な関係を築き、企業収益を安定化させる。脳科学の分野で語られる「利他性」というキーワードでビジネスの現場を解き明かす。4000社以上での実践から得た具体例が満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 紙、電話、ネット。何を媒介しようが「商売」は、「人」と「人」とのお付き合い。

    お客様と売る側との間で「絆」が無ければ、一時は売れてもその後が続かない。

    言われてみれば当たり前のことだが、日々の中では「テクニック」に走り「本質」をなおざりにしてしまう。

    やはり商売にも「特効薬」はない!

    よく言う「モノを売る前に、自分の売れ!」ですね。

  • チェック項目9箇所。人には〇〇から買いたいという強い動機がある。お客様の特別になることの恩恵・・・他社に浮気しない、購入単価が上がる、来店頻度が上がる、薦めたものが断られにくくなる、商談がしやすくなる、無理な値引きを言われなくなる、相見積もりがなくなる、クレームがゼロになる。絆はクレームを無くす。休みが取れるようになる・・・勉強会の出席を後押しされる。環境を大切にしているでは抽象的過ぎるので、植樹をしているなど具体的な活動を挙げる。適度な接触・・・目安は月一回。自己開示する・・・親近感が沸く。売り買いではない新しい何か。

  • プレゼンのための頭整理に読みました。

    従来の「サービス」はお客様主体で売り手が下手の、一方的な関わり合い。

    これから必要なのは「ホスピタリティ」という、お客様と売り手が対等の存在としてお互いが気持ち良くなる、WinWinの関係作りが大切になって行く。

    前者が 満足
    なら
    後者は 絆
    である。

    価格競争でただ安くしたり、ただにしたりするだけでお客様だけ得するところから、お客様が企業のために力になってあげたい、と思う絆作りが今後の経営には必ず必要不可欠になってくるはずである。

    では、その絆作りはどうやっていけばいいのか

    それを知りたい、ヒントがほしい人はこの本を読んでくださいw
    …回しもんじゃないですよw笑

  • 商売においては、「売り込むこと」だけでなく
    「売り込まないこと」も重要だと教えてくれる小阪さん。

    小さなお店にこそ、読んで欲しい本です。

    ですが、これは「ノウハウ本」ではありません。
    「こうする方法もあるよ」という方向性を与えているだけなので
    この本に出てくる事例をマネしても、多分意味はない。

    読み終わった後に、ものすごーく考えて、
    自分で答えを出して、行動していかなければいけない。

    文章自体は読みやすいし、内容も理解しやすいけれども
    そういう「自分で考えて答えを出す必要がある」という意味では
    とても難しい本だと思います。

  • 玉石混交の情報が氾濫する時代だからこそ、本物の顧客志向の企業が評価されるようになった。
    そして、コミュニケーションツールが発達すればするほど、人は人間的なつながりを求める。自分と「絆」を結んだ企業には絶大な信頼を置く。
    言葉が軽量化、形骸化すればするほど、「絆」の価値はますます高まる。
    これは学生の企業選びにも通じる。
    学生は、①社会に貢献ができる、②自分らしく働ける企業を求めている。
    言い換えれば、①顧客志向の高い、②絆を築ける企業を求めている。
    また、このことは役所にも通じる。
    これからは役所も徹底的に市民の目線に立たなければダメだ。
    市民と「絆」を結ぶことができれば、市民の善意を糾合することができる。

  • 2011年04月 01/017
    お客様の利他性を刺激する関係性を作ること=絆が今後のマーケティングには重要。そのための手法が記載されているが、読みながら自社であれば、自分であればどうするのか。また、実際に取り入れてうまくいっていることはこれだな、など振り返りながら読むことができた。
    プロモーションの会社の社員として、もう少し意識した取組を楽しみながら行えるやり方を考えたい。

  • お客さんにとって大切な「誰か」になる。
    信頼と共感を得ることが大事。
    コミュニケーションは上手い下手ではない。自分らしくあるかどうか。

  • お客様との絆を築くことができれば、リピーターを増やせる、値下げをしないで済む、働きがいも生まれる等、良いことが多い。絆を築くためには、DMやニュースレターを送るなどして自己開示したり、イベントを行ったり、お客様の利他心を喚起するような方法を取ったりと今すぐにできることは多い。双方向のコミュニケーションを生もうという試みはあまりうちの会社ではできてないなぁ。
    しかし、だからこそ、講演会や握手会をやるとか、ブログを利用するとか、できることは多そうだ。

  • お客さまの特別になるには「絆」が必要。
    「満足」=「絆」ではないということを、近所のコンビニを例に取り説明されており解り易かった。
    色んな業種での絆づくりの例が述べられており、面白い。「絆」をつくるために何ができるのか、考えてみたくなります。

  • チェーン店や激安店の進出で、顧客流出に悩む小売・サービス業者は是非とも読んでほしい1冊。
    この本は、「絆」をテーマにしている。
    お店と顧(個)客が「特別」な関係を築くことで、結果として失客を防ぐだけでなく、長期安定的な継続収入、客単価の向上などを見込むことができる。
    成功店の事例を取り上げながら、「絆」の生み方や、育み方を解説。
    「「満足」させることが「絆」をつくることではない」というところが特に印象的。

全12件中 1 - 10件を表示

お客さまの「特別」になる方法 「リレーションシップ・キャピタル」の時代 (角川oneテーマ21)のその他の作品

小阪裕司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
デイル ドーテン
神田 昌典
有効な右矢印 無効な右矢印

お客さまの「特別」になる方法 「リレーションシップ・キャピタル」の時代 (角川oneテーマ21)はこんな本です

お客さまの「特別」になる方法 「リレーションシップ・キャピタル」の時代 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする