「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.47
  • (10)
  • (23)
  • (23)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 192
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102637

作品紹介・あらすじ

会議も英語、社員食堂のメニューも英語…日本企業に英語公用語化は必要か?楽天・ユニクロの英語公用語化で激震するビジネス界への処方箋。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽天・ユニクロの社内英語公用語宣言、武田薬品の新卒採用基準TOEIC採用など、昨今のビジネスシーンでは英語に関する話題に事欠かない。
    大学生に近い場で仕事をしていると『TOEICを"やらなきゃ"』という空気をひしひしと感じる。
    会社の方針がそうなったということであれば、社員やその企業への就職希望者はそれに従わざるをえないが、
    ただ、今日本の社会に蔓延する、日本人が持つ、そういった『英語を妄信的に信じる』風潮・意識に対して一石を投じる一冊。

    本当に日本のビジネスマンが英語を話せる必要があるのか?
    その信仰が進んだ先にある世界について、言語学・社会学の視点から話す。EUが掲げる多様言語性を例として持ってきたのはなるほどと感じた。

    また多くの企業が評価基準として掲げるTOEIC700〜730点とは一体どのようなものなのか。その実態と信憑性についても記されている。

    後半では通訳者・教育者の視点から、そうは言っても必要となる英語学習の具体的な考え方や教育現場の実態についても語られている。知的欲求を駆り立てない英語学習の現実についてはなるほどと思ったし、『リーダーの英語』として紹介された歴代首相の悪しき実例については、笑えない現実だが笑わせてもらった。

    著者はただ一方的に「英語公用語化はダメだ!」とも「ビジネスマンい英語は必要ない!」とも言ってるわけではない。ただその必要性や弊害、日本の教育システムも含めて再考の必要があると提唱している。
    日本人の「英語は話せたほうがいい」という漠然とした意識を改めて見つめ直すための良い一冊だと思う。

  • 近年の英語公用化についての問題を挙げ,さらに英語に対する学習の
    仕方や英語は必要かと様々なテーマで議論している。
    トイックは730点以上取る意味は海外へ行くためだけだと認識した。話す力はそれからだと思う。英語に興味ある人は読んでみよう。

  • 読了。

  • ・シャドーイングについて。英語の音に注意を向けさせることで聞き取れるようになることはあっても、漫然と繰り返しているだけでは効果は薄い。

    ・リーダー自身が英語を話せるかどうかより重要なのは、言語戦略(どの方法でコミュニケーションをとるか)を選ぶ判断力ではないか。

  • 勉強になりました。

  • 就活や企業内の昇進にTOEICが使われること、日系企業内でのコミュニケーションに英語が使われること。グローバル化とは言ってもなんでもかんでも英語使えばいい訳ではないという警鐘を鳴らしてくれた本。敢えて英語ができる人に読んでほしい。

  • ほとんど異論違論の湧かない内容だった。
    つまり、予想された通りの、言い尽くされたような論述だった。
    というかまだ英語公用語が積極的に実施されてないから、
    検証とかのしようもないのかな。

    面白かった点としては、
    「日本と海外の外国語教育についてのトピック」が、
    印象に残った点としては、
    「抽象的なことを英語で話せるかどうかが重要であること」が
    挙げられる。

    この本の書き方で印象に残ったのが、
    参考文献や引用が多種多彩であったこと。
    ブログとか週刊誌とかテレビ番組とか、
    「そんなの根拠大丈夫か?」みたいな元もあったけど、
    多面的なアプローチでそれはそれで良いと思う。

  • なんというか、日本の英語が迷走しているのが分かる本。
    もう少し幅広に考えてもいいのに。

  • 英語にやたらと批判的と感じた。

  • 「英語公用語」は何が問題か・・・そのタイトル通り,問題が様々な形で取り上げられる。しかし,1つ1つの議論が深くない。全体として広く,浅く,「英語公用語」に関連するトピックを話題にして,英語力を重視する企業のデータ,TOEICの試験形式・内容,TOEFLとの違い,ALTをJETプログラムが雇用する問題,日本人教師の役割,英語力+αの問題等について言及しつつ主に著者の私見を披露している形だ。深い議論が見当たらない。「英語公用語」には,言語政策,言語計画等の社会言語学的な理論や枠組み(考え方)がつきものなのだが,本書では一切それらが扱われていない。つまり,そもそも論として,著者は,言語政策としての「英語公用語」を論じてはいないのだ。その点を誤解して読み始めると落胆させられる。言語政策,言語計画としての公用語論は他をあたるしかない。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

上智大学外国語学部卒。サウサンプトン大学大学院人文学研究課博士課程修了。現在、昭和女子大学客員教授。国際会議等における同時通訳者を経て、大学教員、ラジオ・テレビ英語講師などとして活躍。アポロ11号の月着陸の際、同時通訳を担当した。

「2018年 『月とアポロとマーガレット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21)のその他の作品

鳥飼玖美子の作品

「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする