海戦からみた日露戦争 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102668

作品紹介・あらすじ

「東郷ターン」「丁字戦法」の陰で戦史から消された最高機密とは?写真・海戦図満載。海戦史が明かす「坂の上の雲」激闘の真相。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • 日本海海戦で、東郷、秋山は計画した戦略戦術が役立たず慚愧の念に駆られていた。
    実情が近年まで秘匿され、東郷の神格化を行い、自称無敵海軍としてしまったことが、この後の迷走への入口だったのだと思わせられる。

  •  後に神話化された日本海海戦。その実際の経過はどうだったのか,勝利の背景には何があったか,が分かりやすくまとめられててよかった。

  • 英雄譚では読み解けない日本「完全勝利」の真実。
    東郷ターン、丁字戦法の陰で戦史から消された最高機密
    とは。

    日本海海戦は、天才秋山真之が立案した丁字戦法と、
    聖将東郷平八郎の指揮により完勝したということが、
    一般的には定説とされている。
    著者は、伝説化されてきた戦闘の実相を明らかにする。

    当時、日本海軍の主力艦は、イギリス製であった。当然
    の事のように考えていたが、本書を読むと、イギリス側
    の事情がわかる。艦艇建造においては後発であった、ア
    ームストロング社が本国の戦艦建造入札への参加を可能
    とするための実績を積むために、外国の軍艦発注を受け
    た事。そのため、外国向けに建造された軍艦は、必然的
    に最新鋭艦となったことは興味深い。

    著者によると、日本海海戦は、東郷長官や秋山参謀が、
    わが身を削るようにして立てた計画のすべてが無となっ
    てしまい、白紙の状態で戦った結果の勝利であったとい
    う。軍機保持のため真相が歴史から抹消され、神話が作
    られ、歴史が歪められ事が、後世にあだをなしたという
    ことは皮肉といえる。

  • 日露戦争の日本海海戦で丁字戦法がとられなかったということ。何故かそのことははっきりと示されなかった。
    当日波が高く、当初予定していた戦法がとられず、偶然が日本側の奇跡的な勝利に導いた。東郷や秋山はそのことをよく知っていたから、勝利は神助によるものと考えた。
    作戦の勝利というより、むしろ日本のたゆまぬ訓練の勝利であろう。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長。1948年、宮崎県生まれ。多摩美術大学卒業。財団法人史料調査会主任司書、同財団理事、厚生労働省所管「昭和館」図書情報部長を歴任。著書に『戦艦大和復元プロジェクト』『[証言録]海軍反省会』『聞き書き・日本海軍史』『海戦からみた太平洋戦争』など。編・監訳に『戦艦大和・武蔵 設計と建造』『秋山真之戦術論集』『マハン海軍戦略』。共著に『日本海軍史』『日本陸海軍事典』『日本海軍はなぜ誤ったか』など。

「2015年 『「戦記」で読み解くあの戦争の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海戦からみた日露戦争 (角川oneテーマ21)のその他の作品

戸高一成の作品

ツイートする