F1 戦略の方程式 世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21)

著者 : 浜島裕英
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年7月9日発売)
3.83
  • (15)
  • (25)
  • (16)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :162
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047102941

作品紹介・あらすじ

チームの戦略、ドライバーの戦略、エンジニアの戦略。F1は戦略の連立方程式である。

F1 戦略の方程式 世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • F1を浅くしか見ていないので、タイヤという視点は面白かった。
    ブリジストンが撤退してしまって、本当に残念。

  •  著者の本二冊目。2005年に新潮新書から出された本は著者が携わった仕事全般についてだったが、本書はF1にフォーカスされている。
     タイヤはなかなか注目されにくい要素であるし、現在F1はワンメイクなので、タイヤでの差は生まれにくくなっている。それでもタイヤは車全体で唯一地面と接している部分であり、見る人が見れば貴重な情報がたくさんつまっている。F1やモータースポーツを観戦するときの新たな視点を授けてくれる本。

  • 元ブリジストン、現フェラーリの浜島さんの著書。
    F1でのタイヤの重要性がとてもわかりやすく解説されている。タイヤに優しいドライバーとは具体的にどういうことなのか、等役立つ情報が盛りだくさんなのがいい。

  • F1の現場はどんな世界なのか?
    そこにおけるタイヤメーカーの立ち位置は?
    そういった話から、より細かなF1の楽しみ方としてラップタイムの分析や、タイヤの話など、日本のF1ファンなら誰もが知ってるブリッヂストンの浜島さんが語る。

    タイヤの種類の説明で、ドライタイヤはガムテープ、ウェットタイヤは小麦粉だとか、ソフトタイヤとハードタイヤの違いをお好み焼きに例えてたりして面白いですw
    ラップタイムのグラフを見て改めてベッテルすげぇと思った。
    指示通りにラップタイムを調整できるシューマッハもね。

  • 元ブリジストン、現フェラーリの浜島さんの著書になります。
    タイヤがいかに重要かというのがとてもわかりやすく解説されていてとても興味を持つことができた。
    F1ファンの方、特に、タイヤに優しいドライバーとは、具体的にどういうことなのか知りたい方にオススメです。

  • ミハエル・シューマッハと世界で一番仲良しのサラリーマン・浜島裕英がタイヤを切り口にF1を紐解く一書。彼がフェラーリに請われた理由の一端がわかります。

  • 非常に読みやすい本であった。
    技術的な事柄も一般生活に近いエピソードに置き換えて記述しているので非常に分かりやすかった。前作の著書も共通しているが、この方の書き方には好感が持てる。

  • F1ファンならこの本を読んで損無し。
    F1の初心者なら、F1をさらに面白く観るための知識がここにある。

  • F1の裏側という内容が十二分に入っていました.
    F1ドライバーでも人それぞれ,しかし,強いドライバーは貪欲.
    大事なのはコミュニケーション.
    モータースポーツはエンジニアも参加できる唯一のスポーツだと思います.
    もっと日本でもF1人気が出てくることを祈りながら・・・

  • 浜島さん、ありがとうございます。F1をいっそう楽しめそうです。私も可夢偉に注目と期待をしております。

全23件中 1 - 10件を表示

F1 戦略の方程式 世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21)のその他の作品

浜島裕英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
高野 和明
村上 春樹
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

F1 戦略の方程式 世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21)はこんな本です

F1 戦略の方程式 世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする