天地無用!魎皇鬼 (5) (角川コミックス・ドラゴンJr.)

著者 : 奥田ひとし
  • 角川書店 (1996年10月発売)
3.07
  • (0)
  • (1)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047121249

天地無用!魎皇鬼 (5) (角川コミックス・ドラゴンJr.)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 天地たちは、囚われの身となっている野守のもとへとやってきます。しかし、そこに駆け寄った旭が罠に陥り、彼女を助けるため、野守は芳家伝承の奥義書のある場所を、楯築に明かします。

    しかし、奥義書のある場所まで案内された楯築は、これまで心の中にある隙に付け入られて操られていたことが明らかになります。最後に理性を取り戻した楯築でしたが、彼を操っていた飛死魔は奥義書を奪い、黒幕である「宇宙一の大天才科学者」を名乗る瑜免(ゆめ)という少女のもとへと向かいます。

    瑜免と鷲羽の間に過去に何らかの因縁があったことが示唆されており、続きが気になります。

全1件中 1 - 1件を表示

天地無用!魎皇鬼 (5) (角川コミックス・ドラゴンJr.)のその他の作品

奥田ひとしの作品

天地無用!魎皇鬼 (5) (角川コミックス・ドラゴンJr.)はこんなマンガです

ツイートする