新・天地無用!魎皇鬼 (6) (角川コミックスドラゴンJr.)

著者 : 奥田ひとし
  • 角川書店 (2004年4月1日発売)
3.08
  • (0)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047123526

新・天地無用!魎皇鬼 (6) (角川コミックスドラゴンJr.)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は久しぶりに、ほぼ1巻まるごと費やした長編作品が収録されています。

    惑星ミーツの希少生物である「御津」(みつ)が阿重霞に懐いてしまいます。最初は気味悪く感じていた阿重霞も、しだいにミーツを可愛がるようになりますが、じつはこの生き物は、成長すると皇家の樹を食らうようになるというのです。阿重霞は皇家の樹を守るという使命と、御津への想いとのはざまで苦しむことになります。

    その他、砂沙美の学校生活を描いた短編が収録されています。

全1件中 1 - 1件を表示

新・天地無用!魎皇鬼 (6) (角川コミックスドラゴンJr.)のその他の作品

奥田ひとしの作品

新・天地無用!魎皇鬼 (6) (角川コミックスドラゴンJr.)はこんなマンガです

ツイートする