新・天地無用!魎皇鬼 (9) (カドカワコミックス ドラゴンJr)

著者 :
  • 角川書店
3.10
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047124141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は、短編3作が収録されています。天地たちが町内の野球大会に出場する話、魎呼が料理に挑戦する話、鷲羽の科学力と美星の偶然力を併せ持つ美羽(ミュウ)というシミュレート体が柾木家を支配しようとする話です。

    後半は、死んだはずの天地の母親である清音(きよね)が柾木家にやってくる話です。じつは彼女は、神我人の復讐をもくろむ涼哿(すずか)という少女が、天地たちに復讐するために作り出したクローンでした。清音のクローンにより、天地と魎呼、阿重霞の間に亀裂が生じ、彼らの足並みが乱されることになります。

    次が最終巻ということで、涼哿との戦いがどのような結末を迎えることになるのか、期待が高まります。

全1件中 1 - 1件を表示

新・天地無用!魎皇鬼 (9) (カドカワコミックス ドラゴンJr)のその他の作品

奥田ひとしの作品

ツイートする