マケン姫っ!―MAKEN‐KI!―1 (角川コミックス)

著者 : 武田弘光
  • 富士見書房 (2008年6月9日発売)
3.49
  • (7)
  • (14)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :215
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047125537

マケン姫っ!―MAKEN‐KI!―1 (角川コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784047125537 177p 2008・6・9 初版

  • ストーリー:8 画力:10 魅力:10 デザイン:9 構成:8 表現力:9 独創性:8 熱中度:7 センス:9 感動:8 総合:86

    絵は非常に上手いです
    完全に表紙買いですが、個人的には内容が読んでて飽きやすいような感じがありました
    僕はすでに読むのが面倒になっている感があります・・・
    感想としては若干読みにくい印象


    wikiからストーリー引用
    元・女子校で男女共学へ移行したばかりの学校「天日学園(てんびがくえん)」に入学した主人公の大山タケルは、そこで「マケン」という特殊な能力を持った武器の数々を目にする。この学園では、生徒1人1人にそれぞれに適した「マケン」のレプリカが与えられ、それによって「エレメント」の扱い方を学ぶことができるのであった。タケルも例外ではなく、自らの特性に合った「マケン」を与えられるはずであったが、適する「マケン」が見つからず、しばらくの間「マケン」なしで過ごさざるを得なくなってしまう。生徒らが己の「マケン」の特性を活かして部活動をしていたため、入る部活も決められずにいたタケルは、幼馴染の勧めで学園内の事件や事故などの解決役である「魔導検警機構」(通称「マケンキ」)へ所属することとした。その中で、タケルは数々のトラブルに巻き込まれていく。

    そんな中、留学生と称して現れた傭兵部隊「VENUS」はマケンキのメンバーと交流を深めるが、「カミガリ」の影と共に不穏の動きを見せ始める。

  • 2011年10月アニメ放送開始。

    公式Hp:http://maken-ki.com/

    <放送局>
    テレビ埼玉(TVS) 2011/10/04 毎週火曜日 25:05~
    テレビ神奈川(tvk) 2011/10/05 毎週水曜日 25:45~
    東京MXテレビ     2011/10/05 毎週水曜日 26:30~
    九州放送(TVQ) 2011/10/05 毎週水曜日 26:48~
    岐阜放送(GBS) 2011/10/06 毎週木曜日 25:45~
    三重テレビ 2011/10/06 毎週木曜日 26:50~
    サンテレビ 2011/10/06 毎週木曜日 24:35~
    AT-X 2011/10/07 毎週金曜日 23:30~
    ※10/11(火)17:30~、29:30~/10/14(金)11:30~
    チバテレビ 2011/10/07 毎週金曜日 25:30~
    テレビせとうち(TSC) 2011/10/07 毎週金曜日 25:53~

  • 「はやて×ブレード」的なお話にお色気を追加した感じかなと思って読んでみました。物凄いご都合主義的なシナリオに違和感は感じるものの、画力が高く、アクションシーンの迫力も上手く描かれているので、バトルもの好きとしてはそれだけでも面白かったです!

  • 1

  • BOOK-OFF 350円

全9件中 1 - 9件を表示

マケン姫っ!―MAKEN‐KI!―1 (角川コミックス)のその他の作品

武田弘光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マケン姫っ!―MAKEN‐KI!―1 (角川コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする