大伝説の勇者の伝説14 剣の一族の告白 (富士見ファンタジア文庫)

  • 83人登録
  • 3.65評価
    • (3)
    • (5)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 鏡貴也
制作 : とよた 瑣織 
  • 富士見書房 (2013年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047129146

作品紹介

ガスタークの刺客に毒を流し込まれたフェリス。解毒剤が欲しければライナとシオンに手紙を届けろと脅迫され――!? その頃、ライナは父の仇ルシルを捕縛し、フェリスたちに内緒で父の研究室に連れ込んでいた……。

大伝説の勇者の伝説14 剣の一族の告白 (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シオンが操られていた巻が長かったので、ライナとフェリスとの三人組が仲よくしているのはいいなあと安心。
    ルシルも仲間に入って、ローランドの切れ者たちもまあ仲間というか利用しあう仲になり。
    やっと人間側の一部がまとまってきた感じ。

  • フロワードがホモ扱いのような描写になっていましたけど、公式がそれでいいんですか!? いや、シオンさま万歳の私的には、楽しくていいんですけど……。
    兄妹和解のくだりはちょっとよかったな。

    ただ、巻を追うごとにかがみんの文体が苦手になってきていることを自覚しつつあるので、話は面白いと思っているのに読むのが結構きつい。大伝のラストまでは読むぞー。

  • ホップ・ステップ・ステップだった感じ。
    ステップが多い分、大ジャンプしてくださいよ!鏡先生!

    剣の一族の告白というよりは、ルシルの告白といってもよい。
    兄妹愛、ちょっとうるっとはきたが。

    さらに大陸を名乗る登場人物がここにきて出てくるし、どう締めくくる気ですか?

    今後、続く終幕への加速に期待させていいただきます。


    狼と香辛料を全巻読破していたので、読むのが遅くなりました。

  • 0193

  • 毎度えらいとこで終わるなー。はっきり書いてないから何とも言えないけど。
    愛か…。ていうか欲求ですか…そうですか…。フロワードは公式でそんな…いいのか?その趣味はよくわかりますが…。あと過去は大変萌えましたが。しかも結局やるんかい!みたいな…。
    「く、くそ……俺に……俺に力がもっとあれば……」がなにげに面白かった。
    あ、で、この「剣の一族の告白」って、実はルシルのことじゃないですよね?特に告白しとらんしな。

全5件中 1 - 5件を表示

大伝説の勇者の伝説14 剣の一族の告白 (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

鏡貴也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大伝説の勇者の伝説14 剣の一族の告白 (富士見ファンタジア文庫)はこんな本です

大伝説の勇者の伝説14 剣の一族の告白 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする