スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)

著者 :
制作 : 武藤 此史 
  • KADOKAWA/富士見書房
3.84
  • (5)
  • (11)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047129733

作品紹介・あらすじ

封印都市シャッカイへとたどりついたジュンたちは、アリスの行方や第三軌道への手がかりを探しつつも、レベルを上げ、装備を整え、戦力をアップさせることに。そんな中、ジュンとかすみにさらなる変化が――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回はクエストとダンジョンの話。
    そしてジュンのハーレムにはチョココロネがゲスト参加。

    それにしてもジュンくんはいつも女の子と一緒に居るね。

    あと彼はどういう選択をするのか
    ってか受け入れて本格的にハーレムしちゃえよ。
    クエストしつつ。

  • 魔法と科学技術が同居する無数に浮かぶ島から島へと飛空挺で旅をするRPG『スカイワールド』
    最終目的地、浮遊島アイオーンを目指す冒険ファンタジーの第6弾。
    今回は第3軌道への手掛りを探しながらクエストを攻略し、試練へと挑んでいく!

    やはりハーレム展開の色が強くなってため息をつきたくなってきましたが、あとがきを読んでちょっと納得した。
    でも、ハーレム要素が消えた訳じゃないんだけどね(笑)
    個人的にはサクヤのポジション(掻き回す中心人物)とチョココロネ(ハーレムに関係ないマスコット)が好きです!
    苦労かけますジュンさん、ユズリハさん(笑)

    段々と色々な謎も解き明かされ始めたんで次の展開を楽しみにしていたいです!

  • 幕間と言った印象の巻でした。主キャラは変わらないけど合流でメンバーが増えてギルド運営面の話もチラホラ。まぁクエストマニアさんはハーレム連れて外回り中心ですが。ユズリハさんの心中お察しします(笑)サクヤとの絡みも少なめだったせいか、恋愛関係の話が多くてニヤニヤしてしまった。エリも可愛いんだけどヒロインはかすみさんだと信じたい。自分もアピールしつつ引っ掻き回す感じになってるユーカリアの立ち位置が好きです。ヒカルさんはついに汚れキャラ(ポジション)に…(笑)

  • 2013/12/20
    ⇒まんだらけ 315円

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

第十七回富士見ファンタジア長編小説大賞審査員賞受賞。『琥珀の心臓』でデビュー。近作は『聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国』一迅社文庫、『約束の方舟』ハヤカワJA等。

「2017年 『ワールド・イズ・コンティニュー2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)のその他の作品

瀬尾つかさの作品

ツイートする