花歌舞伎双紙 夏朝顔 (富士見新時代小説文庫)

著者 : 入江棗
制作 : さやか 
  • KADOKAWA/富士見書房 (2013年12月11日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047129887

作品紹介

歌舞伎の道具作りを代々営んできた長谷川家の娘・一葉。男勝りでお侠な彼女は、人気女形だが気弱な竜太の付き人を務めていた。ある晩、辻斬りからふたりを助けた御用聞きの大悟に、一葉はひと目惚れをしてしまい……

花歌舞伎双紙 夏朝顔 (富士見新時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男装少女、女形の幼馴染、三角関係と、少女小説の要素をふんだんに盛り込んであるので、読みやすい。
    ただなんちゃって時代物感がすごい。

  • スラスラ読める。江戸時代の軽いミステリーと恋のお話。江戸時代いいなぁ。シリーズになって欲しい!

  • 幼馴染の二人のこれからの関係が気になります。。

全3件中 1 - 3件を表示

入江棗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする