新世紀エヴァンゲリオン (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 貞本義行
制作 : カラー 
  • KADOKAWA/角川書店 (1995年8月29日発売)
3.65
  • (458)
  • (365)
  • (1111)
  • (17)
  • (0)
  • 本棚登録 :3957
  • レビュー :326
  • Amazon.co.jp ・マンガ (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047131156

新世紀エヴァンゲリオン (1) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメ版も大好きだけど、コミックス版も大好き。
    13巻が出たことで1巻からエヴァを読み直し。

    ロボット系の男の子文化だと思ってた分野は
    見たことがなかったけど、エヴァのアニメですっかりはまって
    私にとって初めての世界でした。

    でも、ただのロボットではなく、人間の相手を想う気持ちを
    つかさどるA10神経でシンクロして動くエヴァ。
    戦う姿も暴走する様も強く切なく魅入られます。

    まだまだ続く神話の続きが楽しみです。

  • 衒学的
    実体ががないものはヒトを蠱惑する

  • 僕のすべての始まりと言っても過言ではない本。
    一生大事にする本です。

  • うつになる
    けどやめられない

  • エヴァは家族で好きです
    最初は残酷な天使のテーゼが気になって聴いてたら
    お父さんも好きってことが発覚して
    家にもDVDとかあって
    観出したことがきっかけです。

    中学生ころだったかな?
    少女漫画とかばっか読んでたから
    エヴァ新鮮だったなぁ
    今では弟もエヴァはまっていたり
    みんなでエヴァトークできるのがうれしい^0^

  • 久々に読み返したけど今でも「エヴァ新作たのしみ!」とか言うことになるとは。シンジは成長したというのに。キャラの声どころか最早BGM付の脳内再生率。

  • 14歳が使徒から地球を守るために戦うお話

  •  腰を落ち着けて読んでみた。
     シンジ君はもっと鬱々していたように思っていたが、声優さんの演技がそういう印象を植え付けたのか…。
     レイの包帯姿、エヴァ初号機の暴走、ゲンドウ・シンジ親子の確執など、初っ端から見どころも満載だ。

     まぁ、原作アニメも本放映からずいぶん後になって視聴したものであり、本作もマニアックな追求など到底できそうもないが、とりあえず読み始めてみよう。

  • 久々の再読。とても懐かしい。

  • 僕なんていてもいなくても…って思ってた男の子が、育児放棄気味の父親に突然呼びつけられ、これに乗れるのはお前しかいない、とか言われちゃったら、そりゃ反抗するわよ(笑)思春期のアイデンティティーが如何に脆弱か、とかこれっぽっちも考慮しない大人の都合。ちゃんと説明してやれよ(笑)

全326件中 1 - 10件を表示

新世紀エヴァンゲリオン (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

貞本義行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

新世紀エヴァンゲリオン (1) (カドカワコミックス・エース)に関連する談話室の質問

新世紀エヴァンゲリオン (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする