新世紀エヴァンゲリオン (4) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : カラー 
  • KADOKAWA/角川書店
3.50
  • (136)
  • (116)
  • (502)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 2088
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047131972

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アスカ登場の巻♡

    子供同士っな2人で見ていて微笑ましいぐらいに
    かわいいけど、お互いの孤独と悩みが交差して
    少しずつ溶け合うようにシンクロしていく…
    けど、最後まで二人らしくて大好き♡

  • 小学校6年のときに出会い早く中学2年生になりたいと思った作品です

  • 角川コミックス・エース

  • アスカと加持登場。
    シンジ同様にアスカもアニメ版と比べて幼い印象。
    加持はあまり変わらない。
    少しづつ登場人物の性格や物語の流れが違うことが積み重なるとアニメと違う作品のように見えてくることに驚いている。
    私は漫画版のほうが好きかも。

  • 読了

  •  アスカ登場譚≒謎の軽薄男加持登場譚でもある。

     アニメーション版も、このあたりまではコメディ寄りの作品だと思っていたんだがなぁ……。また、ロボットアクションの描写はどうしてもアニメーションに見劣りするかな。外連味を持たせ得る動きが無いのは勿論のこと、効果音・劇伴もないという媒体の違いからやむを得ないと思うけれど……。

  • 大好きなアスカが登場。
    弱さ故の強さ。

  • 3倍速くない方の赤(違う。彼女もものすごい不幸な星の生まれだと思う。

  • アスカ登場。女の子としてはとても強烈。
    5日間一緒に暮らしユニゾンで使徒を倒したり、父への思いを吐露したり、だんだん2人の距離が近づいているような気がする。
    加持さん格好良い。

  • 3巻から引き続き。

    巻末はみやむーです。アスカに対するメッセージが完全におっさんなんですがそれは……。

    貞本エヴァのアスカはやったら飛び跳ねます。超人的身体能力です。アニメではそんな強調はないですがね。

    実はアスカあんまり好きじゃないんですよね。ずっと綾波派だからというのもあるんかな……と思って読み直してみたんすよ。

    単純に私、「精神的に裏表のある女性キャラが好きじゃない」⇒「アスカが好きじゃない」だったと悟りました。何というか、そういう女性と付き合うと戸惑うんですよね。「こいつの中での俺の扱いって・・・?」と毎回毎回気になって仕方なくて私なんか夜も眠れなくなるからねぇ。そらシンジ君も戸惑うさ。裏表のある女の子って結構簡単に思春期の男子を恐怖させるからね。
    それでも、悩んで、ぶつかって、そうやってユニゾンしてったんだなぁ。

全51件中 1 - 10件を表示

新世紀エヴァンゲリオン (4) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

貞本義行の作品

新世紀エヴァンゲリオン (4) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする