ニアアンダーセブン (2) (角川コミックス・エース・エクストラ)

著者 :
  • 角川書店
3.63
  • (51)
  • (46)
  • (136)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 460
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (107ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047134133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数少ない同人誌以外で安倍 吉俊,の漫画が読めるだけで
    もうお前さん買うしかないだろ

  • 内容自体は面白いのだけれども、宇宙人要素はほとんど活きていないなあ。「宇宙人を自称する変人」という設定でもギャグ漫画なら通りそうなくらいのトビ具合。というか、リューシカの方が思い切りが良いのでは? ある意味習作ということなのだろうなあ。

  • 何分10年前のシロモノなんでそれはもう懐かしいんですが、何つうか当時銭湯を舞台にしてノスタルジー煽ってたものを時間の経過そのもので又懐かしむみたいな、それってかなり妙な感覚だな、と感じましたな。

  • 最終巻(^。^)。消えた母船。

    (2002年04月14日読了)

  • 場末の銭湯が舞台。

  • とにかくツボにはいった漫画。
    スケッチのような味のある線画に、銭湯やのどかな風景が堪らない。
    ギャグも面白いけど、途中のシリアスな展開もリアルでとても好きです。

  • 読み込まないと理解できない本no.1だと思う。個人的に。

  • 好きな漫画家というか、イラストレーター。

    1は表紙が無かったので2を登録しました。

  • バイブルやね。

  • 花火がきれいです。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家・ラストレーター。主な作品に『リューシカ・リューシカ』(マンガ)『灰羽連盟』(アニメの原作など))などがある。

「2016年 『僕らはどこにも開かない ‐There are no facts,only interpretations.‐』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安倍吉俊の作品

ツイートする