ラグナロク (1) (角川コミックス・エース)

  • 100人登録
  • 3.31評価
    • (8)
    • (5)
    • (38)
    • (4)
    • (0)
  • 12レビュー
  • 角川書店 (2001年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047134447

ラグナロク (1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ことぶきつかさ/安井健太郎

  • 安井健太郎氏の小説「RAGNAROK」(角川スニーカー文庫)を原作にした漫画版「RAGNAROK」。
    作画は、ことぶきつかさ氏。とても繊細な絵を描かれる方ですね。
    漫画版は1〜3巻で完結。原作の長編版1巻が漫画化されています。
    コマの中で動くリロイはもとより、カルテイルが…カッコイイです!
    できることなら、以降の巻も漫画化されれば嬉しかったのですが…今となっては叶わぬ夢、でしょうか。

  • 全3巻。

  • 小説の第一巻の話が全3巻に収まっています。とにかく絵がかっこいい。

  • 【全3巻】
    実は元の小説ラグナロクは未体験です。
    ことぶきつかさ氏が好きなので。

  • 同名ラノベ第1巻の漫画版。2巻以降やEXも漫画で読んでみたかった。

  • 表紙買い

  • 圧倒的な強さを持つ凄腕の傭兵リロイと言葉を操る不思議な魔剣ラグナロク。彼らの前に立ちはだかるは闇の一族。

  • 絵がきれいやったから思わず買っちゃった。そろそろ集めよかなあ・・・

  • 全三巻。角川が良くやる短期のメディアミックス。文庫版のラグナロク1巻分の内容…のはずなんだけどね。モノクロ絵のスッキリ感は見習いたいと思いますます。カルテイルという虎男が出てきます。虎に見えませんが(つωT)

全12件中 1 - 10件を表示

ことぶきつかさの作品

ラグナロク (1) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする