新世紀エヴァンゲリオン (7) (角川コミックス・エース)

著者 :
制作 : カラー 
  • 角川書店
3.50
  • (112)
  • (106)
  • (430)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 1873
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047134690

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 加持さんの過去と初号機の覚醒。

    シンジしか受け付けない初号機の意志と
    初号機に囚われるシンジ。
    魂の行きつく場所と行くべき場所。

  • 角川コミックス・エース

  • スパイになった理由を告白するミサトの彼氏。
    クラスメートが死んだことで憂鬱になっていたシンジが戻ってきた

  •  もう原作アニメーションは完全に忘れているなと感じさせられた本巻。

     人は言葉を持っている。それは、他者(特に年長者)の経験を自らのものとし、自らの糧とし、さらに言葉によって内省を触発されることが可能になる。
     原作アニメーションでは語られなかった加持の過去譚。これを自分の経験に重ね合わせられるのが人であり、その可塑性を持つのが経験の少ないシンジのような少年少女なのだろう。

     そして「ゲンドウ」である。
     この後の展開は見えないが、使途の暴虐に対し人類の維持存続に大義を見出しているはずの彼。それがシンジを放逐した所以だろう。大義に役立たないシンジを殺さなかったのは、その存在に大きな関心がなかったから(どうでもよかったから)と推測されるが、しかし、それを裏切るのはシンジの母(ゲンドウの妻)である。
     そう、母となった女は男ではなく子を選ぶのだ。たとえ男の義に賛同したことがあったとしても、である。
     この女の有り様と、妻の変貌に絶句し茫然となる男。
     心底納得できる展開とそれを支える描写に脱帽である。

  • アニメ版にはなかった加持さんの子供の頃のエピソードが。
    幸せになってはいけないなんて、悲しすぎる。

  • 初号機の暴走。これはある意味で愛。「死んでも代わりはいるもの」しかしここでやっと半分。

  • ネカフェにて読了です。

    TVシリーズを思い出すなぁ。

    一つ違うとしたら、加持さんの過去が語られているところでしょうか。

    エヴァは一貫して心・内面のお話なんですが、この巻は「誰を犠牲として戦っているのか」が重点的に語られている気がします。

    同じセカンドインパクトに対する恨みでも、加持さんの場合「弟と友人を失った」ことがきっかけですが、ミサトさんの場合は「父を失った」からだったり。そしてシンジは、「トウジを失った」ということが前巻の話で付け加わりましたが、それだけにとどまらない父に対する情や母親に対する想いなど、これから彼自身で徐々に確かめていかなくてはならないことがあります。

    こういうトラウマと少しずつ向き合っていくのでしょう。14歳の少年には重過ぎるなぁと、繰り返し呼んでもやはり思ってしまう。

  • 最新14巻をよむために、おさらい。

    加持さんとミサトさんの過去(「贖罪」)、初号機の拒絶と覚醒と暴走、シンクロ率400%、ダブリス。

    背負っていくもの、幸せになってはいけない者。
    エヴァの意志の話、暴走したエヴァ、想像しただけで恐ろしい。
    いっそ一気に死んでしまったほうが、という気がするくらい。
    私は「風の谷のナウシカ」の巨神兵が大嫌いなのだけれど、この初号機にも同じような禍々しさを感じる。
    私はこのあたりで気持ち悪くなって、アニメをみるのを完全にやめたように記憶している。
    さあ、どうなる。

  • 加持さん、知らなかったよぉ・・

  • やっぱお母さんが入ってるのかなあ
    しんじくんが量子サイズになった!

全40件中 1 - 10件を表示

新世紀エヴァンゲリオン (7) (角川コミックス・エース)のその他の作品

貞本義行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新世紀エヴァンゲリオン (7) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする