機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) カドカワコミックA (カドカワコミックス・エース)

  • 角川書店
3.76
  • (86)
  • (52)
  • (155)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 837
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047135031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アニメ版と違い大気圏に裸体のまま突入出来るガンダム。

  • いよいよシャアが登場、美形の悪役の登場で物語は一気に加速する。ホント、シャアはカッコいい。

  • ガンダム、大気圏突入!

  • シャアがやたらかっこいいけど、好ましいのはやはりブライトさん。
    しかしほんと、なんて豪華というかお得な漫画なんだ…

  • 避難民を乗せサイド3を脱出したホワイトベースはルナツーにて補給を行うシャアのムサイを沈めようとするも味方のマゼラン艦によって遮られ失敗、更にはシャアたちの侵入をも許してしまう。パオロ艦長死亡。後を継ぐブライトは汗をかいているシーンが多いし、冷や汗が似合う。シャアとセイラが初めて出会う場所がサイド7からホワイトベース内に変更。アニメ版じゃあよくあの距離からの蹴りが届くなぁと思ったが、今回は工具を蹴り飛ばしている。

  • シャアが恐ろしいくらいに強い。したたかすぎる。

  • アムロとシャアの初戦闘。
    通常の三倍速いシャア専用ザクに翻弄されるガンダム。
    シャアの「おもしろい。こうまで侮り難い敵か」という台詞は、アニメ版では描かれなかったシャアの本音が現れている。
    ルナツーで補給を受けるシャアのムサイに奇襲をしかけるブライトだったが、ワッケイン司令の登場により勝利目前で手を引かされる。
    正規の連邦軍によって拘束されたホワイトベースの乗組員だったが、シャアによる奇襲作戦による混乱の中で自由を取り戻す。
    ニュータイプたちの感応が始まる。
    ワッケイン「寒い時代だとは思わんか」
    ジャブローを目指して大気圏に突入するホワイトベースをシャアが狙う。
    「モビルスーツの性能の違いが戦力の差でないことを教えてやる」

  • 安彦版シャアザクを堪能して。

  • 改めて見るとホワイトベースのブリッジのオールスター感すごいなー。

  • アニメの方、良く知らないんだけど、セイラとシャアってこんな早く対面(再会?)したっけ、と。

    この巻で序章が終わりとのこと。
    まだまだ先が長そうだ。

全23件中 1 - 10件を表示

プロフィール

北海道出身。アニメーター・アニメーション監督を経て、1979年に漫画家デビュー。『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など著作多数。

「2016年 『天の血脈(8)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) カドカワコミックA (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) カドカワコミックA (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする