機動戦士ガンダムエコール・デュ・シエル―天空の学校 (1) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店
3.28
  • (3)
  • (10)
  • (40)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 156
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047135208

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  アニメーション脚本を担当することなく、また、ストーリ構成の経歴がほとんどない著者にマンガの長編が紡げるのか、こういう疑問はないではない。
     一方、「マクロス」「オーガス」のキャラデザイナーらしく、ある意味、少女を著者ほど美麗に描ける人も少ない。まぁ物語は始まったばかりだし、登場人物紹介巻でしかない以上、良し悪しについては、今後のストーリー次第といったところかな。
     Ζガンダムの前史ないし同時代史のようなので、あの良い意味でアクの強い作品とマッチするかはまだまだ判らない。

  • グリプス戦役以前の宇宙世紀0085における連邦系のMSパイロット修練学校での物語。女性が主人公である非常に珍しい作品。著者・美樹本晴彦氏の特徴的な画風で描かれるアスナたち女性キャラの可愛さは勿論として、キャラよりも少し粗めに描かれるMSの渋さや迫力も素晴らしく、絵についての魅力が素晴らしい。時折挟まるタッチの変わった大きな絵がまた印象的である。

    MS戦は動きが細かく分かるように描かれているので、学校のシミュレーションとあって高性能機不在の状況でも戦闘そのものの展開が面白いと感じられる作りになっていて、ここだけでも魅力的である。

    展開は学校における訓練の日常と水面下で進む思惑といった面がメインで、その2つが同時に進行していくさまが良い。ただ、この巻だけでは見通しがなかなか立ちにくく、外伝作品としてどう魅力が出るのか読めないのでまだ魅力を出し切れていないという印象もある。

    巻末に掲載されているインタビューに見られるように、狭山善則氏によるオリジナルMSのデザインが設定面で凝っているので本編での活躍においても説得力が高くて良い。なお巻末に載っている他のおまけもなかなか面白い。

  • ストーリー:9 画力:8 魅力:9 デザイン:9 構成:9 表現力:9 独創性:8 熱中度:8 センス:10 感動:10 総合:89

    昔はガンダム漫画をバカみたいに買ってましたので、その一つとして集めてましたが、現在さすがにお金の都合もあってガンダム系の漫画とは縁を切って、ほとんど売ってしまいました

    その内、いくつかお気に入りだったガンダム漫画だけは残っていて、その一つです

    しばらく美樹本先生が別の仕事をしていたらしく連載が止まっていたみたいで、ずっとコミックが出てなかったのでどうなったんだろう?って思ってたら、少し前に何年かぶりに新刊が出ました

    話的にはZガンダムあたりだと思うのですが、結構新モビルスーツとかも出てきたり、ケンプファーなどの人気MSなども出ています

    パイロット学校の訓練生として入学したアスナが戦争にまきこまれていく感じの内容だったと思いますが・・・もう随分前の話になるのであまり記憶が・・・
    学校でライバル的な存在だったエリシアとは、仲がいいような悪いような・・・しばらくは良いライバル関係みたいな感じだったと思いますが、そこも戦争の中でどんどん変化していって・・・という感じで見所のひとつだと思います

    好きなキャラはアスナとアキラ

  • Zガンダムの直前の世界で、ガンダムMk-?とかがやっと出てきましたよ。Zのメインキャラは大人の事情で登場しないと思いますが、ニュータイプの存在が微妙な時期の話で、アスナ(主人公)萌えは確実。美樹本絵も流石のクオリティ。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

東京都出身。『超時空要塞マクロス』をはじめ『メガゾーン23』『トップをねらえ!』など、人気作のキャラクターデザインを多数手がける。現在は、イラスト、漫画連載、ゲームキャラクターデザインなど幅広く活躍中。

機動戦士ガンダムエコール・デュ・シエル―天空の学校 (1) (角川コミックス・エース)のその他の作品

美樹本晴彦の作品

ツイートする