機動戦士ガンダム THE ORIGIN(5) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店
3.73
  • (70)
  • (51)
  • (142)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 759
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047135574

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いよいよ、ランバラルの駆るグフがアムロの前に立ちはだかる。
    一方シャアはガルマの件で除隊処分になりキシリアに近づく。
    そしてブライトとミライの話を聞いてしまったアムロは…。

  • ランバ・ラルが登場!ランバ・ラルはカッコイイね。。アムロが脱走してしまった。アニメとは違う描き方だった。。

  • なるほど「坊やだからさ」ってこういうタイミングの台詞だったのかー!確かに。
    ガルマさんは随分父親から愛されておったようで何よりです。

  • ランバ・ラル登場。「ザクとはちがうのだよ、ザクとは」
    ギレンの演説。「諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。何故だ!」
    シャア「坊やだからさ」
    名台詞が目白押し。
    それにしてもアムロ、パイロット外されるからってガンダム乗っていっちゃダメでしょ。

  • ガルマの件をキシリアに見咎められたシャアはジャブローの情報と引き換えに免責を持ちかける。一方、新型MSグフを操るランバラルを相手に経験値の差から苦戦を強いられるアムロは自分を不要と考えるブライトにショックを受けWBからガンダムと共に脱走する。ハモンが初めての雷に怯えるシーンはカット。大幅にズゴックのデザインが変わっていてちょっと残念だが崖下からヌッと現れるジムは最高にカッコいい。

  • ランバ・ラル編。
    ラルさん、かっこいい。

    そして、なんで、ランバ・ラルがここにいるのか、そして、シャアはどうしてキシリアの下に入ったのか、など丁寧な動きは、もちろんテレビ版からも想像できるのですが、よりしっかりとかかれています。
    このあたりの細やかさが、安彦 良和。

    テレビ版以上に、みんながいっぱいいっぱいである状況が、わかります。

  • ランバ・ラルは好きであります。
    ジムは好きじゃないけど、これ読んで余計引いた。

  • グフの迫力が非常に印象的な巻だが、それ以上に注目したいのがジムの描写。TV版ではジムはあくまで「味方のやられ役」としてしか書かれていなかったが、ここに書かれたジムは兵士を蹂躙する悪鬼とみえる。連邦の軍人は単なる味方ではない形で書かれていたTV版本編の空気をもっと深め、広げているようでよりガンダムらしさを増しているように思える。シャアの親衛隊遭遇後の話も不気味な雰囲気が良く出ており興味深い。

  • ランバ・ラル編と言うことなんだけど、銘打たれるほど今巻は出てこなかったなぁ。
    まだ前編だからってことを差し引いても。

    何にページが喰われてんのかと言えば、アニメにはなかったオリジナル(裏話)ストーリーが入ってたからのようで。

    でも、どの辺がオリジナルなのかはよく解っていない自分。

  • ランバ・ラル編・前

    ガンダムVSグフ

    ガルマの葬儀

    コズン確保

全20件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(5) (角川コミックス・エース)のその他の作品

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(5) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする