デベロッパーズ―機動戦士ガンダムBefore One Year War (角川コミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店
3.68
  • (5)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047135819

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「一年戦争開戦の少し前、ジオニック社の依頼の下、新型汎用作業機(後のMS)の開発と製造に情熱を注ぎ込んだ厚木技術者集団・ホシオカ。彼らの苦と栄光を描くガンダムエース掲載の話題作」と言うことなんですが、面白いのは確かだけど、話題だったかどうか^^;
    高校の時にガンダムエースで連載読んでて、一番好きだったかな。エコールも好きだったけど。
    日本の中小企業のものつくりの風景の中に、宇宙世紀の始まりが作られているという、この雰囲気がすき。実際作るとなったら、あながち場違いでもないと思う。実際ロケットの精密部品なんかは、中小企業の技術で作られているし。
    種以降のガンダムには無い良さでもあるのでは。

  • 機動戦士ガンダム版、「プロジェクトX」。
    モビルスーツの開発秘話。しかも、ジオン軍のザク。

    もう、なんでも内包できる「ガンダム」という世界そのものがすごいです。
    20年の蓄積がありますからねぇ。

    こうやって見ていくと、わたしが、斬新なお話よりも、ある程度パターンにハマっている話の方が好きだということがよくわかる。

  • ガンダムロールアウト物。モビルスーツが出来るまでの話なんですが、町工場が大企業に負けない製品を造っちゃうんですが、好きな話ですけどビミョですね。絵がイマイチなのが原因かなぁ。話は好き。

  • ガンダム版プロジェクトXなマンガ。テーマとしては面白いけどいまいち盛り上がりに欠けるかなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

山崎峰水の作品

ツイートする