機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (6) (角川コミックス・エース)

  • 角川書店
3.74
  • (73)
  • (43)
  • (138)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 724
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047136113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青い巨星ランバラルの作戦。セイラさんがいなければホワイトベースは墜ちてたかも。

  • アムロとランバ・ラルとのモビルスーツ格闘戦やランバ・ラルの特攻はとても見応えがあった。ランバ・ラルはやはりカッコイイ。。

  • ランバ・ラルとセイラさん。

  • 脱走したアムロとランバ・ラル、ハモンの接触。
    セイラのスパイ容疑、ランバ・ラル隊による白兵戦。
    民間人たちの不平に真っ向から立ち向かわされる軍人としてのリュウさんがかっこいい。
    ランバ・ラル「まさか……な。時代が変わったようだな。坊やみたいなのがパイロットとはな!」
    「見事だな! しかしぼうず! 自分の力で勝ったのではないぞ! そのモビルスーツの性能のおかげだということを忘れるな!」
    アムロ「ボクが……いちばんうまくガンダムをつかえるんだ……」
    リュウ「いいかげんに許してやれよ、ブライトを」
    ランバ・ラル「不覚だ……。ランバ・ラル、戦いの中で……戦いを……忘れた」

  • 砂漠の町で偶然にもラルと顔を合わせたアムロは自分が追い払ったフラウがジオン軍に尾行されていることを知りWBに帰還、グフを退けるも独房へ。捕虜と接触していたセイラも独房送りになりカイ達まで脱走を企てるなか大量の兵を引き連れWBに攻め込んできたラルたちとの白兵戦が開始される。上司にしたい中年第1位のラル。しかし「ますます気にいったよ」のコマ、銃の見えない角度からみたら誤解が生まれかねないぞ。

  • リュウさんも、いい感じにフォローにはいるなぁ。
    そして、カイたちも脱走。

    ブライトさんが、倒れないか心配です(笑)

    ジオン側の細かいしがらみ。もともとあるところだけれど、丁寧にかくことで深みが増しています。

  • ホワイトベースクルーが分裂していく過程がTV版より格段に丁寧に描かれている。TV版のときはアムロだけの暴走という面が強かったように思えるが、ORIGINでは本当に全員が極限状態の中バラバラになっていくように感じられ、この方が正しい認識なのだろうと感じさせられる点は素晴らしいの一言に尽きる。

  • 下がれ!ケガするぞ!のところで泣いた。

  • ランバ・ラル編 後編。
    なので、ランバのオジさまが散ってしまわれます。
    って、2冊前のコメントと、似たようなこと書くなって。

    今巻は、今までのより少し厚めでした。

    戦争は、どちらもどちらなりに理由があって、そしてどちらも守りたい家族や仲間がいて、そしてその為には目の前の敵を倒さなくてはいけない。

    そして一旦争いが始まれば、必ずどちらかが負ける。

    負ければその後には、残されたものの恨みが。
    それがまた、新たな戦いを引き起こす。

    というのがやっぱり、辛くて悲しい。

  • ランバラル格好良すぎる

全22件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (6) (角川コミックス・エース)のその他の作品

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする