機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY (1) (角川コミックス・エース)

著者 : ときた洸一
  • 角川書店 (2004年5月発売)
3.14
  • (2)
  • (3)
  • (31)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047136250

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY (1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメでは語られていなかったメンデルのスーパーコーディネイターを生み出す過程の被験者二人がメインとなっています。
    会ったこともない成功体のキラを倒して自分が成功体になろうとするカナードと、争いを好まないプレアを軸としている話です。
    アニメ本編より内容が重いかも

  • 不覚にも泣いた

  • Xがついてから機体もキャラも増えて、キラの出生に関することも話に関わりとても重みがついた作品だと思います。アニメが好きな方はアニメでは語られていない部分を知るという意味で是非読んで見て欲しいと思います。

  • 2

  • 絵的にはやはり本編のほうが好きなのですが、ストーリーはこれもすっごく面白いのよね!!!

  • 完全オリジナルストーリーかな?
    「高い天を行く者」カナード・パルス「勇気ある者」プレア・レヴェリー
    2機のガンダムの物語

全6件中 1 - 6件を表示

ときた洸一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY (1) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする