機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイドブック 角川コミックス・エース

著者 :
  • 角川書店
3.46
  • (17)
  • (15)
  • (66)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 309
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047136441

作品紹介・あらすじ

シャア率いるザク隊のサイド7への潜入-。すべての発端となったこの作戦の、知られざる『その前夜』がいま初めて明らかにされる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「近ごろ多いんです。」

    なんて言葉で出されるガイドブックがやっぱり、「近ごろ多い」ようです。
    それはかなり、出版人としては、恥ずかしいことだと思うのだが?

    でも、この本の出来は、それほど悪くないです。
    取っておいてもいいかなというレベル。

    それはやっぱり、安彦さんが、しっかりと真面目に時間取って作っているからですね。

  • 1巻~3巻まで。購入済。
    3巻最後のアルテイシアの後編は、24巻特別編に収録されてる。

  • ほとんど面相筆一本で描いてるってすごいなあ。同じ作者の歴史系マンガも読んでみたくなりました。

  • 何が面白かったかと言えば、カバー折り返しの作者コメント。
    あと、台詞なんかを皮肉った解説。

    なるほど。
    あの有名な台詞って、ぶっちゃけるとそう言うことだったんだ。

    でもそれが、どうやるとあんなキザになるのかなぁ。

  • 描き下ろしの「その前夜」だけ読んだけど、なぜフラウともっといい仲にならなかったんだ…!
    すごくいい雰囲気だと思うのに。

  • ガンダム THE ORIGIN”初の公式ガイドブックが登場。キャラクター、メカ、ストーリー、用語に到るまで詳細に解説。また初公開イラスト、ラフスケッチ、裏設定など知りたかった情報が満載!

    『その前夜』

  • 読了。

  • 2009年10月2日読了。ガンダムのキャラクターデザインを手がけた安彦良和のマンガ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の公式ガイドブック。TV版との差異や、どのようにTV版・劇場版のファーストガンダムを再構築したか?や制作裏話、安彦氏のガンダムキャラたちへの思い入れなどが語られ、興味深い。マンガは私は未見だがなかなか力の入った作品のようで、読むことでより一年戦争への理解が深まるかもしれない。巻末の、シャア隊のサイド7潜入前夜を描いたスペシャル編のマンガも価値あり。

  • 私の中で『1st.ガンダム』は、ど〜〜〜しても外せないのです。
    カンベンしてください。

  • ガンダムオリジン大人買いで思わず購入。サイドセブン進入直前のエピソードあり

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道出身。
アニメーター・アニメーション監督を経て、1979年に漫画家デビュー。
『ナムジ』『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など著作多数。
〈クラッシャージョウ〉シリーズの装画、挿絵は一貫して手がけており、劇場版『クラッシャージョウ』の監督をつとめる。


「2021年 『乾と巽―ザバイカル戦記―(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安彦良和の作品

ツイートする
×